カレンダー

2019年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
こども参観 in 和菓子づくりの工場へ(1)
イベント, おにぎり保育園 | 2019/04/23  10:57
Text : 田原佳代(おにぎり保育園 園長)

お父さん、お母さんがいつもどんな場所で働き、何の仕事をしているのか。
従業員の子どもたちにお菓子づくりの現場と、親の働く姿を見て、知ってもらうこと。また、上司や同僚に自分たちの家族を知ってもらうこと。
このふたつの「知ること」を目的に、たねやグループ初の取り組み「こども参観」が3月30日、愛知川製造本部で行われました。

第1回「こども参観」には5歳から14歳まで10人の子どもと、従業員・引率者をあわせた20人が参加。
製造本部敷地内にあるおにぎり保育園に集合し、工場見学の準備をします。
子ども達が袖を通すのは、この日のために用意された小さな白衣。真っさらな白衣に着替え少し恥ずかしそうな、照れくさそうな表情が印象的でした。

案内するスタッフの紹介や注意事項説明のあと、2グループにわかれ見学へ。


今回見学したのはお饅頭や羊羹、季節菓子などをつくる和工場。
入る前には従業員がするようにタイマーを使って1分間のクリーナーがけをし、ホコリや髪の毛を取り除きます。もちろん手洗いもしっかりと。

末廣饅頭工房では次々に作られていくお饅頭にみんな釘づけ。
従業員にとっても新鮮だったようです。

どらやき工房では機械が生地をひっくりかえす様子をひたすら目で追っていました。
子どもたちからは「お菓子によってあんこの甘さはちがうの?」「一番甘いあんこは何ですか?」と質問もあがりました。

名刺交換では、オリジナルの名刺を親が勤める部署の所属長に手渡します。
「こども参観」には職場の上司にも従業員のこどもを知ってもらうこと。そのために設けた特別な「名刺交換」の時間です。
初対面の大人を前に緊張気味だった子どもたちも、大きな声ではっきり自己紹介をして名刺を交換。
受け取った名刺を手に嬉しそうな子、大事そうに見つめる子など様々でした。

見学の最後にはお母さんの仕事場を見学。
帽子とマスクで顔を覆い、同じ格好をしている従業員の中からお母さんを発見!
子どもが親の働く姿をはじめて見ること。親が子どもに働いている姿をはじめて見せること。
お父さんやお母さんをじっと見つめる子どもたちの様子から、言葉で伝えるだけではなく、実際に「見て、知り、感じる」ことの大切さを感じました。


見学後は参加者全員で保育園に集まり、子どもたちはお母さんへ手紙を書きました。自分の気持ちを絵や言葉にし、それぞれお母さんの目の前で読んで手渡します。

最後は工場のスタッフと一緒に記念撮影。

たねやグループ初の「こども参観」は、各部署の上司や同僚の理解とサポートがあってこそ実現できた企画です。さらにおにぎり保育園では、スタッフが子ども達の名刺と、「こども参観」のしおりを手作り。しおりの表紙には、白衣姿の子どもの写真を貼り付けました。

子どもが親の職場を知り、家族から応援してもらえるように。また職場にも従業員の家族を知ってもらいコミュニケーションのきっかけに…。
一人ひとりが活き活きと働ける環境づくりの一歩として、これからも続けていきます。



「こども参観」は初めての取り組みでしたが、皆さんが楽しんでくださっていたのが、とても伝わってきました。印象的だったのは、お母さん方が他の工房の見学が新鮮だったと話されていたこと。私自身、目にしたお菓子づくりは「すごい」の連発でした。普通なら会って話す機会のない会社の上司との名刺交換も、子どもたちにとってはとても貴重な体験になったと思います。
人として一生懸命に生きている人、一つの事を貫いている人など様々な大人からの刺激が、子どもたちの将来の夢や進路に影響すると思っています。この企画をきっかけに「私もお饅頭をつくりたい」という夢を持ってくれるかもしれません。
それは、工場で働く方々が仕事に誇りを持っておられるからこそ、うまれるものだと思います。

 


ページトップ