カレンダー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
コンセプト, フェロー | 2017/12/07  15:12
Text : 國領美歩(広報室)

12月4日、ラ コリーナ近江八幡では藤森照信先生が「草回廊」の模型をつくってくださいました。

2016年5月の「草屋根」模型づくり今年1月の「銅屋根」模型づくりに続いて、第三弾は田んぼ横にゆるやかな曲線をえがく「草回廊」です。八幡山側の屋根は銅板葺き、田んぼ側は後ろの八幡山のグリーンとつながるように、と芝屋根となっています。
芝棟(しばむね)を取り入れ、キキョウが植えらているので、季節によっては白や紫の可憐な花が咲きます。

久しぶりに近江八幡に来てくださった藤森先生は、手際よく作業をスタート!
回廊の柱の部分は、彫刻刀で削り出していきます。床面も削ることでニュアンスがつき、栗材の肌感が生き生きと伝わってきます。

「どんどん集中してやっちゃうね。職人が繊細になる気持ちが分かる」と藤森先生。

以前「草屋根」の模型をつくった時より準備も万端だったそうで、スムーズに作業は進みます。
先生もとっても満足そうです。

屋根部分はチェーンソーでワイルドに!屋根の角度をつけていきます。

ともにラ コリーナをつくってくださったみなさんと一緒に。息のあったとても素敵なチームです。

「おお〜!!」「いいね!いいね!」
屋根をのせると歓声が湧きました。ラ コリーナにある「草回廊」に見えてきました。

予想よりも早く仕上がり、「今回はきれいすぎるくらいかなぁ」という言葉も。
それでも、さすがは藤森先生!栗の原木から回廊が伸びているような、個性的な作品が完成しました。

回廊の入り口からの見え方もしっかり確認。連立する柱がつくるカーブが美しいです。
このカーブ、実は人工的に切り出したものではなく、もともとその形に曲がった栗の木を先生ご自身が選んでくださったんだそう。まだ切って間もないもので、表皮の苔は生きていました。

また、この栗の木は先生の故郷の長野県茅野市の山からやってきたもの。
藤森先生とたねやグループとのご縁を象徴するようなこの作品を、これからずっと大切に大切にしていきたいと思っています。

こちらの作品は来年以降、たねやグループ本社展望室に展示する予定です。
ラ コリーナツアーにご参加の際にはご覧いただけますので、ぜひお楽しみに!


たねや農藝, ラ コリーナCLUB | 2017/11/21  09:29
Text : 都志憲治(たねや農藝 ラ コリーナ近江八幡造園)

8回目となったラ コリーナCLUBは11月4日。
11月3日〜5日、ラ コリーナ近江八幡で開催した「たいまつフェス」に合わせ子ども松明(たいまつ)の制作をしました。

子ども松明の作り方を教えていただく先生は「文化遺産として松明を次世代に贈る会」会長の大西實さんと副会長の田中由久さんです。松明の意味や歴史を教わりながら作っていきます。

松明を作る部材はヨシ、ワラ、竹、菜種ガラ、すべて近江八幡で取れたものです。


菜種がらで作った芯の部分に皮をむいたヨシを綺麗に巻きつけていきます。
穂先きではなく、穂と茎の部分を揃えると美しく仕上がります。

みなさん、教えてもらった通りに少しずつ仮止めをしながら丁寧に作り始めます。




途中、雨が降り出し回廊へ避難。

「松明を作るときは清らかな心で制作をするように心がけてください。面倒くさいという気持ちでやると必ず形に現れます」田中さんの一言に思わず背筋が伸びました。

ヨシを巻きつけ終えたら、余分な長さをカットして縄で縛って仮止めを外していきます。
結び目が固く、緩みにくい“男結び“という結び方で止めます。
「裾が広がるように縛り具合を調整してください。松明は神様にお供えするものです。美しく仕上げたほうが神様も喜ばれます。」

この“男結び“がなかなかできず、苦戦します。



「昔は何でもこのやり方でやってきたから自然とできていたが、最近は縄を使って縛ることがなくなってきたので慣れてた者でも、しばらくやらないとわからなくなってしまう。初めてだと難しいと思います。」
先生や農藝スタッフが手伝いながら結んでいきます。

次は笠の部分。ヨシの先端を折り曲げ、広げていきます。
放射線状に広げたヨシは竹で作った輪に紐で縛って固定します。

「ヨシとヨシの間隔は一定にするほうが美しく仕上がります。全体的なバランスを見て間隔を決めないと詰まったり空いたりするところができてしまうので気をつけてください。」


結びつけたら、好みの長さにカットして整えていきます。
「私は慣れているので、フリーハンドでカットしますが、皆さんはちゃんと合わせながらカットしてくださいね。」とぐるりと一周同じ長さでカットしていく様子は名人技です。


ヒバやしめ縄で飾り付けをします。ここでもどの部材を使うかで個性がでます。


飾り付けられたら松明の長さに合わせた竹を縛りつけます。
ここでまた“男結び“で3箇所止めます。「え〜」みんなの声があがります。
4回5回と繰り返すうちに自分たちでも出来るようになってきました。


最後に御幣と紅白の水引をつけて完成です。

同じ見本を見て同じように教わってもそれぞれの松明には不思議と個性が現れていました。

この子ども松明は、子どもの健やかな成長を願い、各家庭で作られ奉納されてきました。
千年以上続く松明のお祭りを1人でも多くの方に知っていただき、末長く続いていくことを願っています。

次回はラ コリーナCLUB最終回。
皆が育てたワラを使い、しめ縄の制作と収穫したお米をいただきます。

たいまつフェスの様子も紹介しています。
「たいまつフェス2017」開催!
たいまつフェス2日目
たいまつフェス3日目

 

 


イベント, 地域 | 2017/11/13  13:18
Text : 広報室

「たいまつフェス2017」3日目は、氷彫刻や飴細工、オーガニックマルシェのほか、たねや農藝による「しめ縄づくり」のワークショップを開催。
ステージでは滋賀県出身のシンガーソングライター真依子さんのLIVEが行われ、たくさんのお客さまが聴きに来られました。

この3日間は天気に恵まれ、おかげさまで大盛況に終わりました。

もうしばらく、敷地内にはこのまま「たいまつ」が設置されます。
大きなたいまつをぜひお近くでご覧ください。


イベント, 地域 | 2017/11/13  13:16
Text : 広報室

朝はあいにく雨でしたが徐々に晴れ間がでてきた「たいまつフェス2017」2日目は「山野草の寄せ植え」のほか、「こども松明づくり」のワークショップを行いました。
地元近江八幡で毎年春に行われる火祭りに欠かせない松明。
我が子の背丈に合わせて作るこども松明はこどもたちの健やかな成長を願って近くのお宮さんで奉火します。名人に教わりながら1mほどのたいまつを作りました。

フードガレージでは昨日に続き、氷彫刻のパフォーマンスや飴細工、オーガニックマルシェを開催。
クラブハリエキッズのキャラクター、ハリエさんも登場するなど、たくさんのお客様で賑わいました。


イベント, 地域 | 2017/11/03  19:50
Text : 広報室

あたたかな日差しの中、昨年に続き2回目の「たいまつフェス2017」が賑やかにスタートしました!
今年は5基の松明(たいまつ)をそれぞれ地域のみなさんに立てていただきました。
北之庄(きたのしょう)町、島(しま)町、千僧供(せんぞく)町、白王(しらおう)町、長田(おさだ)町。
琵琶湖のヨシや菜種(なたね)ガラを使い、各町、特徴ある見事な松明が完成しました。

今年はオーガニックマルシェが新たに登場。本当においしく安全なものを作りたい生産者と、それを暮らしに取り入れたい消費者。食への意識を高め、それらをつなぐ場になることを願って・・・。

昨年に続き「日牟禮太鼓」も勇壮な太鼓の響きにたくさんの輪ができました。子どもたちのたくましい成長ぶりが頼もしく感じられました。

たねや農藝〈愛四季苑〉による「山野草寄せ植えワークショップ」では、お客様がお好みの鉢や山野草を選んで植え込みます。自然に直接触れる機会にみなさんの笑顔があふれる場となりました。

あと2日、近江八幡の伝統・文化、自然を感じるラ コリーナ近江八幡へどうぞお越しくださいませ。


ページトップ