カレンダー

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
メインショップ〈草屋根〉 | 2016/01/09  09:00
Text : 広報部

ラ コリーナ近江八幡メインショップ店長の門坂百恵です。

tDSC_6549

おかげさまでオープンから1年を迎えることができました。
この1年で約165万人の方々にお越しいただきました。スタッフ一同、心より感謝申し上げます。
誠にありがとうございます。

本当に早かったです。あっと言う間に、気づいたら1年がたっていました。
店長自体が初めてだったので、初めは何にもわからなくて。すごい大変やったっていうよりは、次にこんなことが、こんなことが、ってしているうちに1年過ぎていました。

t150109_11h46m28s

1年前1月9日のオープンの日。たくさんのお客様が待っててくれはるのを目の前で見たことは、今でも忘れられません。開店前からこんなに来てくれはるんやって。
もちろん、ゴールデンウィークとかシルバーウィークは忙しかったですが、自分たちのお店の前に開店前から並んで待っててくれはるって、今までいた店ではなかったので、嬉しくてテンションが上がりました。

t150109_09h13m05s

ラ コリーナではこの1年間、スタッフみんなで円になっての朝礼から1日を始めてきました。
実は、館全体で朝礼したいっていうのは、私が言い出したんですよ。やっぱり、今日1日一緒に働く人とは毎日顔を合わせたいと思って。ここから、今日1日はじめよう!みたいな気持ちですよね。

t150109_08h29m55s

朝礼の最後の掛け声は「今日も一日、笑顔で“Sorriso(ソリーソ)”!!」イタリア後で“笑顔”という意味です。
社長からの言葉をいただいて、私が3日くらい考えて決めました。

私自身、仕事するときに「いつも笑顔でいる」というのを、店長になる以前からずっと思っていたので、これや!と思って。だいぶお店になじんできました。

今でも、遠くから初めて来てくださるお客様が多いですね。でも中には、お連れさまに「これが限定商品なんよ」「これおいしいねんで」と言いながら紹介してくれてはったり、私たちにも「今日で3回目やねん」と言ってくれはる方もいます。

tDSC_6889

お客様は「ここにしかないのどれ?」と言って来てくださる方も多くて、ラ コリーナ限定の「たねや饅頭 桑の葉」、特に季節ごとに異なる草屋根のパッケージが人気ですね。

tDSC_6657

最近出たばかりの「バームサンド 柚子」もすごくおいしいですよ!

tバームサンドゆず

どの商品もおすすめですけど、私が一番好きなのはやっぱり「生どら いちご」ですかね。あんこと生クリームの甘いところに、いちごの酸味っていうのが堪らないですね。

tnamadora_ichigo1


働いている私たちも感じるほど、ラ コリーナは日々進化してます。改めて、お店だけじゃなく、ラ コリーナ全体のことを把握していきたいと思っています。

tDSC_6797

そのためにも、ラ コリーナで行われるワークショップやたねや農藝の田植えなども率先して参加するようにしています。
やっぱり自分たちのいる場所なので、ラ コリーナであることについては知らないのは恥ずかしい話なので。
お客様とお話しするときも、「土壁、私も塗ったんです」とか「あの辺の炭、貼ったんです」とか、お話できますし、「これどうなってんの」って聞かれたときも詳しくお答えできるじゃないですか。だから、やっぱり店のみんなにもそうであってほしいので、あなたもあなたも一緒に行こう!という感じで誘っています。

th_IMG_1910

tDSCN6916

たくさんスタッフがいるのでまとめるのは大変ですけど、余裕があるときは一日中うろうろしてますね。
あっち行ってみたり、こっち行ってみたり。スタッフに「店長に話があるんですけど、いつも忙しそうやからしゃべりかけにくくて…」って言われたことがあるんです。それがすごい寂しくて、「私、今時間ありますよ」ってアピールしてます(笑)

店長になる前は、店長って店の一番上の人やと思ってたんです。
でも、そうじゃなくて、会社と店とをちゃんと繋いでいかなあかんというか、会社や社長の考えをしっかり店のスタッフに発信していって、会社の思いを現場でしっかりやっていかなければいけないって、そっちの意味の方が強いんかなっていうのを感じました。

tDSC_6645

売っているお菓子のその先に農家さんがいてくれはることは、お店にいるとなかなか見えないですけど、田植えに参加して、見てるよりもっともっと大変やなって。
一つ一つのお菓子を大変にしやなあかんなって改めて感じました。

tDSC_2925

tDSC_2989

2年目のラ コリーナは本社“銅屋根”やカステラ専門店“栗百本”、コンテナショップとどんどん出来上がっていくので、しっかりとみんなでラ コリーナを盛り上げていきたいです。
やっぱりメインショップがゲートとなって、一番最初にお客様をお迎えする場所になるので、しっかり笑顔でおもてなししていきたいと思っています。
これらも進化するラ コリーナ近江八幡をぜひ楽しみにしていただきたいです!

tDSC_6565


コンセプト | 2016/01/01  09:00
Text : 田中朝子(広報部)

明けましておめでとうございます。

門_門松2

山野草

新しい歴史を刻むプロジェクトとして、ラ コリーナ近江八幡〈メインショップ〉がオープンしてから早一年を迎えます。昨年は連日本当にたくさんのお客様にご来店いただきありがとうございました。

鏡餅


さて、今春、たねやグループの新本社〈銅屋根〉が完成します。自然の営みを感じながら人と人がつながる場、たねやグループの発信拠点として位置づけ、力強く一歩を踏み出します。屋根から突き出た樹齢200年を越えるシンボルツリーは、ともに歴史を歩みながら、これから永遠に見守ってくれる大切な存在です。

シンボルツリー

既にご案内の「カステラ専門店〈栗百本〉」のオープンも控えています。限られたごく一部の職人しか焼くことのできないカステラ。工房を併設し、大切に受け継がれてきた製法でしっとりと焼き上げる様子を、間近でご覧いただけます。また、新鮮な卵を使った飲食メニューも検討中!他にも、たねや、クラブハリエの専門ショップの構想も進行しています。


shop

また今年も、新しい発見に出会えるラコリーナ近江八幡へ。

shop1

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

※ラ コリーナ近江八幡/1月1日は休業、1月2日・3日は10:00~17:00(カフェのオーダーストップは16:00)の営業となります。


本社〈銅屋根〉, 藤森先生, 式典 | 2015/12/30  17:58
Text : 國領美歩(広報部)

色とりどりの紅葉が美しい八幡山の麓。
たねやグループの新たな本社機能を備える拠点「銅屋根」の上棟式が今月1日、執り行われました。

tDSC_6127

tDSC_5721

来年1月、おかげさまでオープン1周年を迎えるメインショップ「草屋根」に引き続き、建築史家・建築家の藤森照信先生に設計いただくこの新本社は、来春に完成を予定しています。

tDSC_5715

tDSC_4731

正面から向かって右側には、自然豊かな田園風景から西の湖までを一望できる展望室、左には近江八幡の地に長年生きてきたシンボルツリーを配しています。
屋根には社員自らが曲げた銅板をふき、皆の思いが結集した社屋を目指します。

tDSC_5775

爽やかな晴天のもと執り行われた上棟式には、工事関係者や施主ら約50人が参列しました。
装束に身を包んだ藤森先生は奉行、末永製作所の末永治生社長は振幣役、社員の皆さまには槌打役や曳綱役を務めていただきました。

tDSC_5842

tDSC_5841

日牟禮八幡宮宮司から祝詞が奏上された後は、棟木を曳き上げる「曳綱の儀」です。

tDSC_5906

「エイ!エイ!エイ!」

tDSC_5912

全員で息を合わせ、棟木につないだ一本の綱を手にすると、この「銅屋根」に関わる皆の思いが一つにつながったような、不思議な高揚感が広がりました。

tDSC_5886

「槌打の儀」には棟木を棟に打ちつけるという意味があります。

tDSC_5925

tDSC_5936

末永製作所の末永社長によって、「千歳棟 (せんざいとう)、萬歳棟 (ばんざいとう)、永永棟 (えいえいとう) 」 と声高らかに唱えられると、3つの木槌が打つ力強い響きが一体を包みました。

tDSC_5971

どうか無事に、誰一人として怪我なく、最後まで安全に「銅屋根」の建設工事が行われますように…
鉄骨で組まれた大きな新本社を見上げ、参列する全員が祈りました。


上棟式の後は、設計を担当いただくアキムラ フライング・シーの中谷弘志社長の案内で、建設中の内部を見学しました。

tDSC_6029

tDSC_6042

「ここが会議室」「ここはライブラリーに」…
着々と工事が進む新本社を歩き、実際にここで働くことを想像すると、とてもワクワクしてきます。

tDSC_6093

その後の直会にて、社長山本は「私が思い描いていたものより、ずっと良い景色になっています。来年春の新本社完成までどうぞよろしくお願いします」と話しました。


ラ コリーナ近江八幡は地元滋賀から、日本各地から、そしていずれは世界各地から、“たくさんの人々が集う場”を目指しています。自然とともに、そしてみなさんとここから発信して行きたいとも考えています。
その拠点となるのが「銅屋根」です。

tDSC_4821

今年、多くの皆さまの支えによってスタートし、一歩ずつ歩みを続けてきたラ コリーナ近江八幡は2016年、さらに前に、先にと進んで行きたいと思います。皆さまへの感謝を胸に。

tDSC_6012

本年は誠にありがとうございました。よいお年をお迎えください!


カステラショップ〈栗百本〉 | 2015/11/30  09:12
Text : 國領美歩(広報部)

八幡山の木々が黄や赤に色づきはじめた11月13日。
来年、ラ コリーナ近江八幡に新たにオープンするカステラ専門店「栗百本」の地鎮祭が執り行われました。

tDSC_5242

建築史家・建築家の藤森照信先生や施工を担当していただく秋村組の秋村田津夫会長、設計のアキムラ フライングシー中谷弘志社長ら工事関係者が参列しました。

tDSC_5219

地鎮祭は工事の安全を祈願して、その土地の神さまに土地を利用させてもらうことの許しを得る儀式。
近江商人ともゆかりの深い日牟禮八幡宮の神職によるお祓いなどが行われました。

tDSC_5239

tDSC_5255

tDSC_5259

tDSC_5272

新たな建物が続々と立ち、常に動き続け変化しているラ コリーナ近江八幡ですが、八幡山の麓・北之庄の地の豊かさがあってこそ、たねやグループの構想の舞台となる建物を建ててくださるみなさまがいてこそ、常に進み続けることができます。
そんな感謝の気持ちを常に持ち続けてゆきたいと思っています。

tDSC_5241


今年1月からみなさまをお迎えしているメインショップ「草屋根」と現在工事中でたねやグループの本社機能をそなえる「銅屋根」との間に作られる「栗百本」は、焼きたてのカステラや新鮮な卵を使ったお食事を楽しんでいただけるようにと考えています。まだまだ構想中ですが、夢は広がります。

tDSC_4055

カステラは先々代から大切に受け継がれてきた、たねやにとって特に思い入れのあるお菓子。
「たねやこだわりのカステラをより多くのみなさまに召し上がっていただきたい」と、社長山本は強い思いを持っています。

tttDSC_4335

現在も店舗を限定して「カステイラ」として販売しているたねやのカステラは、実は熟練した職人技を要します。
これから建つ「栗百本」でより多くのみなさまに“たねやのカステラ”を楽しんでいただける日を目標に、準備を進めてゆきます!

tDSC_4073

tDSC_4205

また後日、たねやのカステラのおいしさの秘密もお伝えしますね。お楽しみに!


たねや農藝, どんぐりプロジェクト, イベント | 2015/11/24  09:33
Text : 池内仁美(たねや 草津近鉄店)

晴天に恵まれた11月5日、木々の葉が美しく色付き始めたラ コリーナ近江八幡で、来年の春からたねやグループの一員となる内定者と先輩社員でどんぐりプロジェクトと意見交換会が行われました。

DSC_0526

内定者が顔を合わせるのは今日が初めて。
名札に自分たちで名前を書きます。

DSC_0527

まずはみんなのことを知るために隣の人とペアになってお互いに3分間ずつインタビューをし合います。

DSC_0563

相手の事を知るために趣味や好きなもの、普段どういった事をしているのか、などを聞いていきます。

DSC_0587DSC_0566

そしてみんなの前でペア相手のことを紹介。時間は1分間。

DSC_0610

本が好きな人、猫が好きな人、たねやで将来やりたい仕事や初対面の印象など、それぞれに感じた事、聞いた事を自分の言葉で伝えていきます。

DSC_0668DSC_0691

話を聞いているみんなも思わず笑ってしまうエピソードなどもありました。

DSC_0707

みんな個性豊かで、笑いや驚きがある楽しい時間でした。

DSC_0055


次はラ コリーナ近江八幡のこと、冊子『ラ コリーナ』、ホームページの説明を聞きます。

DSC_0067

そして、たねや農藝についても少し学びました。
そこでは畑や田んぼで野菜やお米を栽培したり、たねやの店舗に飾る植物を育てたりするほか、お菓子のもととなる農業の大変さや苦労を知る学びの場として、普段お菓子の製造や販売をする社員が集まって田植えや稲刈りなどをします。
この体験は農家さんの気持ちを知るだけでなく、実りのある自然に感謝する良いきっかけになるものだと思いました。

DSC_0076

たねや農藝の活動について話をきいてからは、お昼から行うどんぐりプロジェクトについて愛四季苑のスタッフから説明を受けます。

DSC_0104
DSC_0109

ここでお昼休憩です。すでにお腹はぺこぺこ。
昼食は、彦根に店舗を構えるクラブハリエのパン専門店ジュブリルタンのランチBOX。

DSC_0116 DSC_0120

ここでも自己紹介をしながら一緒に昼食をとる内定者たちが見られました。

DSC_0121

自然に囲まれ太陽の光を浴びながら、おいしくいただきました。

DSC_0125


昼食後は、いよいよどんぐりの苗植えです。

DSC_0099

ここから5グループに分かれての作業。
20区画に区切った内の5区画にシロダモ、クスノキ、アラカシ、スタジイ、サカキ、シラカシ、ヤツデ、カナメモチの8種類135本を植えます。

DSC_0137

1平方メートル間隔で3本の苗を植えるのですが、自然な感じにするため、近くに同じ植物を植えないように気を付けます。

DSC_0151DSC_0160

余計な石を取り除き、穴を掘ってポッドから苗を取り出して植えていきます。大変な作業です。

DSC_0194

傾斜で水が流れないように水鉢を作り、バークを全体に撒いたら終了です。

DSC_0240DSC_0184

今までのどんぐりプロジェクトで苗を1万本植えており、去年までの5万本植えるという計画から、今では10万本植えるという大きな計画に変わりました。

DSC_0274

“植えたものは、ゆくゆくは森になっていく”この言葉を聞いて、その景色を見てみたいと思いました。

DSC_0288

今日、私たちが植えた135本の苗が10年後20年後とどう成長していき、ラ コリーナがどんな場所になっていくのか今から楽しみです。

DSC_0261

苗植えの次はどんぐり拾い。どんぐりのロードを造るそうです。バケツいっぱいを目標に拾い集めます。

DSC_0303

帽子のついたどんぐりを見つけて「かわいい」との声が。
お話しながら楽しんで拾うことができました。

DSCF6159
DSC_0314

休憩をはさんで、グループディスカッション。5グループに分かれて話し合います。
テーマは「私たちはこの会社でどんなことができるか?」。

DSC_0329

円になって座り、膝の上に丸いダンボールと用紙を置いて、どんな菓子屋を目指していると思ったかを付箋にどんどん書いていきます。

DSC_0338

それぞれに出した内容をグループ分けをして考えをまとめていきます。

DSC_0385
DSC_0418

それぞれのグループの内定者が前に出て発表です。

DSC_0422

素材へのこだわり・お客様を笑顔に・各部署の信頼関係・自然や四季を大切に…などさまざまな言葉が出てきました。さらには「世界一になる」という言葉まで。

DSC_0454

1人1人たねやで何ができるのか、しっかりとした考えを持っていて素晴らしいなと思いました。

DSC_0478

このような考えを持ったみんなと来年の春から働けることを楽しみにしつつ、思い描いたたねやの未来を、実現できるようにみんなが行動してくれることを期待したいと思います。

DSC_0495

 


ページトップ