カレンダー

2019年9月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
コンセプト, たねや農藝, お米づくり | 2016/10/20  09:50
Text : 本田涼貴(アカデミー課)

たねやには「たねやアカデミー」というお菓子について学べる場があります。
4月から一年間かけて、様々なことを勉強します。

dsc_6654

そのひとつに素材と直接触れ、体験することも。

dsc_2168

お米や小豆など、お菓子づくりの素材に対して目を養うことはもちろん、どのように作られているかを直接体験することでしか、学べないことがあるからです。

9月4日、黄金色に輝くラ コリーナ近江八幡の田んぼでの稲刈りを体験しました。

dsc_6526 dsc_6532

5月に私たちが植えた苗が大きく育ち、ラ コリーナと一体になった姿にはとても感動しました。

dsc_6471

田植えから刈り入れまで一連の流れを経験する事で、より一層食べる事、お菓子の素材との深い関わりが理解できました。

dsc08171dsc_6633

また、この気持ちがある事により、今後、製造や販売していく上で変わってくる事があるのではないかと感じました。

dsc08197

このようなアカデミーでの勉強や体験を胸に、9月30日、今年度のメンバー5人で、北海道 音更(おとふけ)に行きました。

img_6936

ラ コリーナとは違う自然の広がった、新鮮な土地でした。

img_6730img_6729

今回の目的は和菓子の命、餡の原材料である小豆を届けて下さっている株式会社 山本忠信商店さんへ見学に行くことです。

img_6616

敷地内には大きな袋がたくさん!中には収穫されたそのままの小豆が入っています。

img_6623
img_6625

工場に移動し、小豆の選別工程を見せていただきました。
いつもお菓子づくりの現場に置かれている小豆ですが、選別作業を見るのは初めてです。

img_6647

運ばれた小豆は、振動、磁石、風の力で異物が取り除かれ、綿布で磨かれます。
磨くことで、汚れを落とすだけでなく、光沢を出し、次の色彩選別作業が正確に行えるそうです。

img_6652

その後、商品によっては『手選り』という作業が入ります。
機械での選別が難しい豆を、人の目でチェックして、人の手で選別していきます。
その後、金属探知機を通り、包装されます。

img_6684img_6664

約13の工程を経て、私たちがよく見る姿に。
説明すると簡単に聞こえますが、実際はとても大変…
機械と人の分担を明確にし、より良い品質の商品を届けようと全力で取り組んで下さっている事が伝わりました。


工場見学が終わり、小豆の畑も見せていただきました。
案内してくださった伊澤さんは生産者の一人。優しい笑顔の中に、強い熱意を感じました。
img_6757

視界一面に広がる小豆。
なんとなく想像できそうな風景も、実際に見ると大迫力です!!

img_6747

台風の被害が大きい中、懸命に栽培し、作物と向き合っておられました。
生産者=製造者=販売者=消費者、どこかが一つでも欠けると成り立たないサイクル。
お話を聞くにつれ、さまざまな人の繋がりがあって、私たちが製造、販売できる、生活できるという事をもっと深く捉えなければと思いました。

img_6755

小さな一粒に込められた大きな『思い』と『想い』を本当に感じ取れるようになった時、私たちはさらに良い商品、接客を皆様にお届けできるのではないか、とこの見学で感じました。

とても難しい事ですが、その日を目指し、これからも日々努力と感謝を重ねていきます!

img_6937

稲刈り1日目稲刈り2日目のアルバムもご覧ください。
わくわく、どきどき!田植え2日目もあわせてお読みください。


9月26日に行った2日目の稲刈りでは、「日本晴れ」という種類のお米を刈り取りました。
前日から降り続いた雨のため田んぼに水がたまり、足場が悪い中での作業にスタッフ一同悪戦苦闘!
せっかくのお米を泥で汚さないように…みんなで息を合わせて稲をリレーし、協力して頑張りました!


9月4日に行われた今年最初の稲刈り。昨年に引き続き2年目のお米作りに挑戦したラ コリーナ近江八幡では、棚田も含めたくさんの種類のお米を収穫することができました。
この日は「キヌヒカリ」という種類を、秋晴れのなか従業員約40人で刈り取りました。
はさ掛けにした稲穂はお日さまを受けて、まさに黄金色!キラキラと輝き、とても美しかったです。
稲を刈り取った後は落穂を拾って歩きました。自分たちで体を動かし汗をかいたからこそ、お米一粒一粒の大切を実感しました。


地域, たいまつフェス | 2016/10/08  14:33
Text : 國領美歩(広報室)

11月3日(木)〜6日(日)、ラ コリーナ近江八幡で「たいまつフェス2016」を開催します!!

top

ラ コリーナがある滋賀県近江八幡の各地域では、古くから琵琶湖のヨシや菜種ガラで松明(たいまつ)を結い、火を放って奉納する春の火祭りが行なわれてきました。今でも盛大に続けられているお祭りの主役でもある松明は、近江八幡に暮らす人々にとってとても大切なものです。
たいまつフェスではラ コリーナに3基の“大松明”と約50基の小ぶりな“子ども松明”を設置します。大松明は地域のみなさんとともに、そして子ども松明は私たち社員の手で作り上げられるように、社内で担当するスタッフが9月ごろから、地元の名人のもとで松明づくりを教えてもらっています。

tdsc_6047

教えてくださるのは田中由久さん。「文化遺産としての松明を次世代へ贈る会」の副会長でもあり、子ども松明教室や手づくりのしめ縄教室の講師も務めておられます。まずは、お手本を拝見します!

tdsc_6056

菜種ガラでできた芯の周りを100本ほどのヨシでおおった「胴」の先端、「笠」と呼ばれる部分を仕上げていきます。手際よく、そして美しく。スタッフは田中さんの動きを追いながら、時々メモをとっていました。

tdsc_6064

tdsc_6066

竹でつくった輪で傘と呼ばれる部分を開き、ヒモで編んで固定する作業中、「間隔は一定の方がいいですか?」というスタッフからの質問には、「そやな。寄りすぎても空きすぎてもあかんし、その辺は絶妙なバランスが大事やね。ただ編んでるんじゃなくて、バランスを加減するんや」という言葉が返ってきました。

tdsc_6090

すべて手と、手作りのものだけで形づくられてゆく松明は、まさに手仕事の結晶。自然の材料の人の技と知恵で新しい命を吹き込んでゆくような、そんな作業に目が離せません。

tdsc_6075

tdsc_6077

田中さんは言います。「松明をただ燃やすものとは思ってない。神様にお供えするもの。美しいものの方が、神様も喜ばはるでしょう」。ほんの短い時間で燃えてしまう松明であっても、細部までこだわります。

tdsc_6100

松明の形の由来は諸説あるそうですが、その一つによると袴姿の人間の姿を表しているといいます。
よ〜く見てみてください。みなさんには何に見えますか?

tdsc_7471

今回準備を進めている子ども松明は、80センチ〜1メートルほどの大きさ。
古くは子どもの健やかな成長を願い、我が子の背丈に合わせて年々大きくつくったり、反対に「この松明のように大きくなってほしい」と我が子が幼いほど大きくつくり、だんだん小さくしていったりという話も教えていただきました。

tttdsc_7467

各家庭でこしらえた子ども松明は玄関に飾られ、春の祭りには近くのお宮さんへ持って行き神様へ「奉火」する。それが近江八幡の風景でした。

tdsc_6216

「元気に大きく育って欲しい」と子を思う気持ちは今も昔も変わりません。先日ラ コリーナを会場として、「文化遺産としての松明を次世代へ贈る会」と「まちづくり会社まっせ」によって開催された「子ども松明教室」でも、親子で一生懸命に松明をつくる姿がありあました。

tdsc_7423

tdsc_7441

地域のベテランの方々に教えてもらいながら見よう見まねで、まずはやってみて覚えていく子どもたち。
ワラやヨシといった材料に実際に触れながら、肌でたくさんのものを感じとっているのが伝わってきました。伝統が、手から手へ受け継がれてゆく瞬間でした。

tdsc_6203

この松明の文化は、近江八幡の地に生まれ、商いをさせていただく私たちにとっても、学び受け継いでいきたい伝統です。地域のみなさん、そしてラ コリーナを訪れてくださるみなさんと一緒に、たいまつフェスをつくり上げてゆきたいと思いますので、こうご期待ください!

11月5日(土)、6日(日)には「子ども松明づくり」を企画しています。歴史と伝統に触れるワークショップにぜひご参加下さい!詳しくはこちら


地域, 共同研究 | 2016/10/04  09:41
Text : 讃岐和幸(たねや農藝 北之庄菜園)

この夏7月10日、11日にはたねやグループと共同研究を進める京都大学森里海連環学教育ユニット(以下、森里海)の実習がラ コリーナ近江八幡で行われました。

tdsc_3503

この実習は今年で3年目。世界各国から日本へ環境分野を学びに来ている留学生が参加し、国際色豊かな1日となりました。実習内容をご報告する前に、まずはこれまでの活動を振り返ってみたいと思います。

tdsc_7792

“自然に学ぶ”がコンセプトのラ コリーナ近江八幡のオープンを前に、2014年春から共に取り組み始めました。敷地内にあるたねや農藝には分校として教室も設けています。
ラ コリーナの周辺環境にはこの教育ユニットのテーマである「森・里・海」の要素全てがそろっています。

tdsc_5650

森は豊かな自然を育む八幡山。里は古くから続くお祭りや食文化などを守りながら、人と人が強い繋がりのなかで暮らす近江八幡北之庄周辺の地域。そして、「湖」と書いて「うみ(海)」とも呼ばれる琵琶湖の内湖・西の湖へと続く北之庄沢。社長山本も参加しながら、学びを深めました。

tdsc01801

夏の実習では、雨が降りしきる蒸し暑いなか、学生の皆さんの力を合わせて八幡山の竹林整備をしました。

timg_1844

timg_1877

荒れた竹林はイノシシなどの住処となる可能性があり、人の手が入ることで獣害を防いだり生物相の活性化にも繋がるといいます。

tdsc_7421

2014年12月には、森里海主催のシンポジウムでラ コリーナでの取組みを発表させていただきました。(この時の日誌はこちら)この時はとても緊張したのを覚えています。
森里海とたねやでの協同の取組みをさらに深めるべく、2015年3月には京都大学で調印式が執り行われました。(この時の日誌はこちら

tdsc_7030

昨年も、春と夏にラ コリーナで実習が行われました。2014年と2015年は、ラ コリーナ敷地内は広範囲で工事が行われており、ラコリーナからほど近い近江八幡旧市街や八幡堀、八幡山の放置竹林を中心として実習が行われてきました。

tdsc_7354

tdsc_7385

tdsc_7489

竹林を整備し、切り出した竹を資源として、どう有効活用できるのか検討するといったものです。竹のハウスを何度か試作してもらい、最終的には完成した竹ハウスで野菜の苗を育てています。

tdsc_1249

tcimg8404

他にも竹チップとしてたねや農藝の敷地内にまいたり、粉にして堆肥をつくる計画も進めています。

tdsc_7669

tdsc_7686

たねや農藝、メインショップ〈草屋根〉、田んぼや棚田、本社〈銅屋根〉、7月にはカステラショップ〈栗百本〉、コンテナショップが完成し、ようやく全貌が見えてきたラ コリーナ近江八幡。そこで、この夏の実習は、ラ コリーナとその周辺の水をテーマに実習が行われました。

tdsc_3370

tdsc_3388

田んぼや池などで水を採取して、分析し、そこから得られた情報から議論を行い、まとまった考えを発表されました。

tdsc_3437

tdsc_3401

tdsc_3451

その結果、ため池は富栄養化の傾向にあることが分かりました。水質浄化のためにはヨシの植栽が有効だとして、ヨシの浄化能力と水の使用量からため池の水を浄化するのに必要なヨシの植栽面積を算出。様々な論文からデータを引用され、学術的根拠のある発表はとても勉強になりました。

tdsc_3402

ラ コリーナは、「自然を愛し、自然に学び、人々が集う繋がりの場」というテーマがあります。森里海との取り組みでたくさんの方が行き来し、先生や学生みなさんの助けで、より自然を知り学ぶことができます。
学んだことを吸収し、ラ コリーナらしく表現・実行していかなければとあらためて強く感じました。

tdsc_3391


ページトップ