月間アーカイブ

カレンダー

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

クラブハリエは、カカオのその先に大きな夢を描いています。
いつか、自分たちで育てたカカオをつかったチョコレートをみなさまに…という願いを込めて植えたカカオの種。今回はそのお話をさせていただきます。

tDSC_6746

2月14日はバレンタイン。クラブハリエも全国の百貨店のバレンタイン催事に出店し、おかげさまで各地で大変盛り上がりをいただいております。

バレンタインといえば、なんといってもchocolat “ショコラ”、“チョコレート” ですよね。
ショコラティエが丹精を込めてつくり上げるチョコレートは、まるで宝石のように美しく、とろけるようになめらかな食感、そして口いっぱいに甘い魅惑の味わいが広がります。

tttimageE

ケーキやクッキーなど、他のお菓子との相性も抜群のチョコレート。
クラブハリエは、チョコレートのおいしさを存分に味わえ、家族みんなで楽しめる「ショコラバーム」や「ハートブラウニー」など、多様な商品を展開しています。

tショコラバーム&ハートブラウニー

形、食感、風味、味わい…さまざまな表現の可能性があるチョコレートは、パティシエにとって重要な素材。そのチョコレートの原材料となるのが「カカオ」です。カカオ豆の産地や品質によっても、チョコレートの味や風味は大きく異なるといいます。

よりおいしいチョコレートを求めて。パティシエの探求は終わりがありません。
クラブハリエ社長・山本隆夫もその一人です。

twptc2010_3

製菓の世界大会WPTC2010にチームJAPANのキャプテン、チョコレートピエス担当として出場し、世界一に輝いた経験からも、山本にとってチョコレートは得意とする素材であり、とても大切な存在です。

「カカオ豆の農園を持ちたい。そして、自分たちで育てたカカオで作ったチョコレートをみなさまに食べてもらいたい」

山本が描いた夢の第一歩を、今、ラ コリーナ近江八幡で踏み出しているところです。


tDSC_7045

昨年6月、ラ コリーナ近江八幡にある、たねや農藝の一角にカカオのハウスが完成しました。

tDSC_7028

保温のため、ビニールを3重張りしたハウスは、全てスタッフの手づくり。加温器を入れ、日々記録をとりながら、気温27〜29度・湿度68〜70%の環境を保っています。

tDSC_6986

tDSC_6722

中では、60本のカカオの苗が育っています。もとは、山本の自宅で育てていたものも寒さのためがなかなか育たなかったのが、今では元気いっぱい!様子を見にくるたびに驚くほどにすくすくと成長しています。

tDSC_6745

カカオの栽培を任されているのは、たねや農藝 愛四季苑(はしきえん)です。
普段は全国のたねやの店舗に展示する山野草を育てたり、ラ コリーナ近江八幡の植栽を管理したりしてます。

tDSC_6761

昨年6月19日、取り寄せたカカオの中から取り出した種30粒を植え、18粒が発芽しました。

tDSC_6735

愛四季苑の木澤千鶴園長も、山野草に関する知識と経験は持つものの、もともと日本にはない南国の植物であるカカオに関しては、全く知らなかったといいます。
現在日本では、沖縄や一部の温泉地でほんの少しのカカオが育てられているだけで、本格的な栽培をしているところはなく、そもそも調べようにも、カカオの木を育てるための本は日本にはほとんど無いのだとか。

tDSC_6731

土は水もちを重視し、黒っぽい畑の土に赤玉土、バーミキュライト(砕いた鉱石)、ピートモス(コケ類)をブレンドしました。

「カカオにはこの土、というのは調べてもないんですよ。でも、カカオが植わっているのは暑くて湿度が高いところやから、とにかく水を切らさないように。今、私たちができる一番水もちのいい土にしました」。

枝数が多く、しっかりと太い幹になるよう、剪定もしています。

tDSC_7478

長い間、毎日植物と向き合ってきた木澤園長だからこそ、カカオにとっては極寒の遠く離れた異国のこの地で、カカオを育てることができるのだと思います。土が乾かないよう、水やりも欠かせません。

tttDSC_6997

それでも、図書館に資料を探しに行ったり、植物園に行ったりと勉強しながら、試行錯誤の日々は続きます。

「日々、葉っぱがどんどん出てきます。この調子やったら3、4年後くらいには、花がつくんじゃないかな!という見立てです。とにかく、まず一つ、花が咲いて実がなってほしい」。木澤園長の思いです。


昨年6月、山本はベトナム・ベンチェ省のカカオ農園へ視察に向かいました。

tDSC09309

tDSC09248

日本代表として、チョコレートの世界大会「ワールドチョコレートマスターズ」に挑んだショコラティエ・小野林範や、若手のパティシエたちも同行しました。

「自分たちが使うお菓子の素材が、どんな場所でどんな環境で育っているかを職人として知っているか。
職人として、知ろうとするかしないかでは大きくちがう」と山本は言います。

tttDSC09313

私たちがみなさまにお届けするお菓子は、素材があってこそ。
自分たちの農園でカカオを育てることで、原材料を大切にし、原材料を深く追求する姿勢を育てたいのです。

tDSC09470

tDSC09500

山本は、「“自分はこれだけは負けない”という思いで自分の意思を持ち、“やりたい”という気持ちでやると可能性は無限大。ラ コリーナにはいずれ、それぞれのスペシャリストがお店を持つようにしていけたら」とも話しています。
いつか、ラ コリーナ近江八幡にチョコレートの専門店ができる日も来るかもしれません。

tDSC09327

tDSC09341

クラブハリエの夢は、このカカオから、広がってゆきます。

 

※山本がベトナムのカカオ農園を訪ねた「素材をめぐる旅 カカオの旅【ベトナム】編」もあわせてお読みください!


メインショップ〈草屋根〉 | 2016/01/19  10:24
Text : 広報部

こんにちは。ラ コリーナ近江八幡メインショップ カフェ店長の谷田英昭です。
この1年間、カフェにも本当に多くのお客様にお越しいただきました。誠にありがとうございました。

tDSC_6596

ラ コリーナ カフェは今までのクラブハリエにはあまりなかったセルフスタイルの喫茶スペース。
先にオーダーしてお会計を済ませてから好きな席についていただいたり、お水は紙コップを使っていたり。
このカジュアルな感じに、お客様から「おや?」という反応をいただくこともありますが、だんだん慣れてきてもらっているように思います。

tcafe_yakitatebaum

ここでは焼きたてバームクーヘンとドリンクのセットを中心メニューとしてお出ししています。
バームクーヘン専門店のため「ケーキはないの?」というお声にはお応えできませんが、「バームクーヘンを食べたい!」とご来店いただいたお客様には、できる限りお待たせせずにふわふわのバームクーヘンを楽しんでいただいています。クラブハリエとしても僕にとっても新しいやり方に挑戦した1年でした。

tDSC_6617

接客はその時々の状況判断が難しいですね。やりすぎてもだめだし、カジュアルすぎるのもよくない。
お客様にとってより居心地よく落ち着く空間にするため、正解はありません。セルフスタイルといっても年配のお客様も多いので、スタッフには「セルフだからやらなくていい。ではない」という指導をしています。

t_IX_0729

設計と同じく、カフェの照明や机、椅子などの内装も藤森照信先生によるもの。
昨年8月、新たに奥のフロアも広がり、座席数も37席から70席とほぼ倍になりました。それに伴って、特に暖炉スペースなどでゆっくり過ごしていただいていますね。

tDSCF7835

カフェからは、僕も田植えにに参加したたねや農藝の田んぼが見えます。
まだお客様には入っていただけないのですが、席から眺めて興味を持ってくださっています。

tDSC_0498

新たなスタッフの採用面接などをしていると、最近は「ここで、自然に囲まれて働きたい」という方がけっこうおられます。地域の方が“自然に学ぶ”というラ コリーナ近江八幡の方針に共感してくださっているんだと感じる瞬間ですね。

tDSC_2549

今年はカステラ専門店と卵にこだわったオムライスなどの飲食店を併設した「栗百本」、軽食やドリンクを気軽に楽しんでいただける「コンテナショップ」など、次なる展開も控えています。

t_IX_1684

新たな施設ができてくると、お客様の動きも変わってくると思います。現状は焼きたてのバームクーヘンを一番良い状態で召し上がっていただける場所がカフェですが、やはりそれぞれの場所の役割が出てくると思うので、それによってはこのスタイルを変えていく可能性もあるでしょう。

僕は「どんどんやりましょう!変えましょう!」というタイプではないですが、変わる状況にいかに迅速に対応していくかは常に意識しています。アイデアや構想は両社長の中にいっぱいあるので、それをどう具体的に実現していくかが僕らの仕事だと思っているので。

tDSC_6624

「こう変えたい!こんな風にやりたい!」という夢を「そんなことできません」って言えば終わりじゃないですか。「できません」では何も進まないし、できるためにどうするのかを考えないとと思っています。
ただ、社長のスピード感がだいぶ早いので、それについていくようにしないと。わからない、ついていけないでは進めないですから。

tCIMG9793

焼きたてのバームクーヘンを召し上がっていただけるのは関西でもここだけなので、今後はさらに新しい層のお客様もお迎えしていきたいですね。
でも、僕自身は何か目新しいことをやらなければいけないということは、まだあまり考えてないんです。それぞれの持ち場でやるべきことをしっかり果たしてこそより良いお店になると思うので。
オープンから1年間のモチベーションはそのままに、現状やるべきことをしっかりやっていく。それがお客様にも伝わると嬉しいですね。

tDSC_6606


メインショップ〈草屋根〉 | 2016/01/09  09:00
Text : 広報部

ラ コリーナ近江八幡メインショップ店長の門坂百恵です。

tDSC_6549

おかげさまでオープンから1年を迎えることができました。
この1年で約165万人の方々にお越しいただきました。スタッフ一同、心より感謝申し上げます。
誠にありがとうございます。

本当に早かったです。あっと言う間に、気づいたら1年がたっていました。
店長自体が初めてだったので、初めは何にもわからなくて。すごい大変やったっていうよりは、次にこんなことが、こんなことが、ってしているうちに1年過ぎていました。

t150109_11h46m28s

1年前1月9日のオープンの日。たくさんのお客様が待っててくれはるのを目の前で見たことは、今でも忘れられません。開店前からこんなに来てくれはるんやって。
もちろん、ゴールデンウィークとかシルバーウィークは忙しかったですが、自分たちのお店の前に開店前から並んで待っててくれはるって、今までいた店ではなかったので、嬉しくてテンションが上がりました。

t150109_09h13m05s

ラ コリーナではこの1年間、スタッフみんなで円になっての朝礼から1日を始めてきました。
実は、館全体で朝礼したいっていうのは、私が言い出したんですよ。やっぱり、今日1日一緒に働く人とは毎日顔を合わせたいと思って。ここから、今日1日はじめよう!みたいな気持ちですよね。

t150109_08h29m55s

朝礼の最後の掛け声は「今日も一日、笑顔で“Sorriso(ソリーソ)”!!」イタリア後で“笑顔”という意味です。
社長からの言葉をいただいて、私が3日くらい考えて決めました。

私自身、仕事するときに「いつも笑顔でいる」というのを、店長になる以前からずっと思っていたので、これや!と思って。だいぶお店になじんできました。

今でも、遠くから初めて来てくださるお客様が多いですね。でも中には、お連れさまに「これが限定商品なんよ」「これおいしいねんで」と言いながら紹介してくれてはったり、私たちにも「今日で3回目やねん」と言ってくれはる方もいます。

tDSC_6889

お客様は「ここにしかないのどれ?」と言って来てくださる方も多くて、ラ コリーナ限定の「たねや饅頭 桑の葉」、特に季節ごとに異なる草屋根のパッケージが人気ですね。

tDSC_6657

最近出たばかりの「バームサンド 柚子」もすごくおいしいですよ!

tバームサンドゆず

どの商品もおすすめですけど、私が一番好きなのはやっぱり「生どら いちご」ですかね。あんこと生クリームの甘いところに、いちごの酸味っていうのが堪らないですね。

tnamadora_ichigo1


働いている私たちも感じるほど、ラ コリーナは日々進化してます。改めて、お店だけじゃなく、ラ コリーナ全体のことを把握していきたいと思っています。

tDSC_6797

そのためにも、ラ コリーナで行われるワークショップやたねや農藝の田植えなども率先して参加するようにしています。
やっぱり自分たちのいる場所なので、ラ コリーナであることについては知らないのは恥ずかしい話なので。
お客様とお話しするときも、「土壁、私も塗ったんです」とか「あの辺の炭、貼ったんです」とか、お話できますし、「これどうなってんの」って聞かれたときも詳しくお答えできるじゃないですか。だから、やっぱり店のみんなにもそうであってほしいので、あなたもあなたも一緒に行こう!という感じで誘っています。

th_IMG_1910

tDSCN6916

たくさんスタッフがいるのでまとめるのは大変ですけど、余裕があるときは一日中うろうろしてますね。
あっち行ってみたり、こっち行ってみたり。スタッフに「店長に話があるんですけど、いつも忙しそうやからしゃべりかけにくくて…」って言われたことがあるんです。それがすごい寂しくて、「私、今時間ありますよ」ってアピールしてます(笑)

店長になる前は、店長って店の一番上の人やと思ってたんです。
でも、そうじゃなくて、会社と店とをちゃんと繋いでいかなあかんというか、会社や社長の考えをしっかり店のスタッフに発信していって、会社の思いを現場でしっかりやっていかなければいけないって、そっちの意味の方が強いんかなっていうのを感じました。

tDSC_6645

売っているお菓子のその先に農家さんがいてくれはることは、お店にいるとなかなか見えないですけど、田植えに参加して、見てるよりもっともっと大変やなって。
一つ一つのお菓子を大変にしやなあかんなって改めて感じました。

tDSC_2925

tDSC_2989

2年目のラ コリーナは本社“銅屋根”やカステラ専門店“栗百本”、コンテナショップとどんどん出来上がっていくので、しっかりとみんなでラ コリーナを盛り上げていきたいです。
やっぱりメインショップがゲートとなって、一番最初にお客様をお迎えする場所になるので、しっかり笑顔でおもてなししていきたいと思っています。
これらも進化するラ コリーナ近江八幡をぜひ楽しみにしていただきたいです!

tDSC_6565


コンセプト | 2016/01/01  09:00
Text : 田中朝子(広報部)

明けましておめでとうございます。

門_門松2

山野草

新しい歴史を刻むプロジェクトとして、ラ コリーナ近江八幡〈メインショップ〉がオープンしてから早一年を迎えます。昨年は連日本当にたくさんのお客様にご来店いただきありがとうございました。

鏡餅


さて、今春、たねやグループの新本社〈銅屋根〉が完成します。自然の営みを感じながら人と人がつながる場、たねやグループの発信拠点として位置づけ、力強く一歩を踏み出します。屋根から突き出た樹齢200年を越えるシンボルツリーは、ともに歴史を歩みながら、これから永遠に見守ってくれる大切な存在です。

シンボルツリー

既にご案内の「カステラ専門店〈栗百本〉」のオープンも控えています。限られたごく一部の職人しか焼くことのできないカステラ。工房を併設し、大切に受け継がれてきた製法でしっとりと焼き上げる様子を、間近でご覧いただけます。また、新鮮な卵を使った飲食メニューも検討中!他にも、たねや、クラブハリエの専門ショップの構想も進行しています。


shop

また今年も、新しい発見に出会えるラコリーナ近江八幡へ。

shop1

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

※ラ コリーナ近江八幡/1月1日は休業、1月2日・3日は10:00~17:00(カフェのオーダーストップは16:00)の営業となります。


本社〈銅屋根〉, 藤森先生, 式典 | 2015/12/30  17:58
Text : 國領美歩(広報部)

色とりどりの紅葉が美しい八幡山の麓。
たねやグループの新たな本社機能を備える拠点「銅屋根」の上棟式が今月1日、執り行われました。

tDSC_6127

tDSC_5721

来年1月、おかげさまでオープン1周年を迎えるメインショップ「草屋根」に引き続き、建築史家・建築家の藤森照信先生に設計いただくこの新本社は、来春に完成を予定しています。

tDSC_5715

tDSC_4731

正面から向かって右側には、自然豊かな田園風景から西の湖までを一望できる展望室、左には近江八幡の地に長年生きてきたシンボルツリーを配しています。
屋根には社員自らが曲げた銅板をふき、皆の思いが結集した社屋を目指します。

tDSC_5775

爽やかな晴天のもと執り行われた上棟式には、工事関係者や施主ら約50人が参列しました。
装束に身を包んだ藤森先生は奉行、末永製作所の末永治生社長は振幣役、社員の皆さまには槌打役や曳綱役を務めていただきました。

tDSC_5842

tDSC_5841

日牟禮八幡宮宮司から祝詞が奏上された後は、棟木を曳き上げる「曳綱の儀」です。

tDSC_5906

「エイ!エイ!エイ!」

tDSC_5912

全員で息を合わせ、棟木につないだ一本の綱を手にすると、この「銅屋根」に関わる皆の思いが一つにつながったような、不思議な高揚感が広がりました。

tDSC_5886

「槌打の儀」には棟木を棟に打ちつけるという意味があります。

tDSC_5925

tDSC_5936

末永製作所の末永社長によって、「千歳棟 (せんざいとう)、萬歳棟 (ばんざいとう)、永永棟 (えいえいとう) 」 と声高らかに唱えられると、3つの木槌が打つ力強い響きが一体を包みました。

tDSC_5971

どうか無事に、誰一人として怪我なく、最後まで安全に「銅屋根」の建設工事が行われますように…
鉄骨で組まれた大きな新本社を見上げ、参列する全員が祈りました。


上棟式の後は、設計を担当いただくアキムラ フライング・シーの中谷弘志社長の案内で、建設中の内部を見学しました。

tDSC_6029

tDSC_6042

「ここが会議室」「ここはライブラリーに」…
着々と工事が進む新本社を歩き、実際にここで働くことを想像すると、とてもワクワクしてきます。

tDSC_6093

その後の直会にて、社長山本は「私が思い描いていたものより、ずっと良い景色になっています。来年春の新本社完成までどうぞよろしくお願いします」と話しました。


ラ コリーナ近江八幡は地元滋賀から、日本各地から、そしていずれは世界各地から、“たくさんの人々が集う場”を目指しています。自然とともに、そしてみなさんとここから発信して行きたいとも考えています。
その拠点となるのが「銅屋根」です。

tDSC_4821

今年、多くの皆さまの支えによってスタートし、一歩ずつ歩みを続けてきたラ コリーナ近江八幡は2016年、さらに前に、先にと進んで行きたいと思います。皆さまへの感謝を胸に。

tDSC_6012

本年は誠にありがとうございました。よいお年をお迎えください!


ページトップ