カレンダー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
NELIS | 2015/10/19  17:00

 

photo by 関宙明(ミスター・ユニバース)


NELIS | 2015/10/19  16:16
Text : 國領美歩(広報部)

最終日。25人の化学反応から生まれたものをカタチにし、次の一歩に繋げる日です。
ラ コリーナ近江八幡で最後のセッションを終え、3日間の集大成ともいえるパブリックフォーラムが行われる立命館大学びわこ・くさつキャンパスへ向かいます。

tDSC_2609

まずはラ コリーナ近江八幡での記念植樹からスタート。
たねや農藝の工房棟へと続く、間伐材を再利用した「竹チップ」を敷き詰めた道を進みます。

tDSC_2633

私たちはここラ コリーナ近江八幡で、どんぐりを集めて木を植えていること。
サステナブルな里山の暮らしを見直す場として、地域の方々と共に森をつくってゆきたいということ。
たねや農藝のスタッフから、“自然に学ぶ”たねやグループのコンセプトが伝えられました。

tDSC_2743

今回植えていただくのは柿の木。私たちがつくる和菓子のルーツとも言われる果実のなる木です。
50センチほどの穴を掘り、掘り出した土と落ち葉を混ぜて植えていきます。

tDSC03582

この木の成長とともに、NELISが育って行きますように…

tDSC_2710

「みなさんが帰られても、ここラ コリーナ近江八幡でNELISが行われたという“証”になるように。
ぜひまた訪れていただきたい」という社長 山本の願いも込められています。

tDSC_2723

たねや農藝のスタッフが「みなさんが帰られた後も、大切にお世話しますので安心してください」と伝えると、NELISのメンバーから笑顔と歓声が上がりました。

tDSC_2705


記念植樹を終えると、また議論の再開です。話し合いもいよいよ大詰め。
エキサイティングな意見のやり取りをまとめ、パブリックフォーラムに向けて発表の準備を進めます。

tDSC_2810

tDSC_2780

ここで、共同代表のピーターさんから3日間の総括と今後の展望が投げかけられました。

tDSC_2857

来年はイギリスで開催したいということ、関わり方として様々なレベルがあって良いということなど、
少しずつNELISの具体像が見えてきます。
リーダーたちの生き生きと輝く瞳は、もうずっと先を見ているようでした。

tDSC_2864

昨日の議論の舞台、永源寺で“禅”を通して2つの大きな気づきがあったといいます。

1つ目は「迂回」。
新しいことを始めるとき、新しいものをつくるときに、今あるものを全て壊して進むと反対も多く、サステナブルではありません。そこで、まわり道で進み、今すでにあるものを利用して皆が利益を享受するのがいいのではないか、というものです。

tDSC_2787

2つ目は「道場」。
インターネットなどを使えば世界中どこにいても話し合いができる時代ですが、本当に深い議論は、相手と目線を合わせ直接会わないとできません。自らを高め、お互いに高め合えるような場所が必要ではないか。
アフリカのザンビアでバナナの茎の繊維からつくる紙「バナナペーパー」を通して、環境問題と途上国の貧困問題解決に取り組むビリー・エンコマさんからは「世界中に道場をつくっては」という声も上がりました。

tDSC03739

「NELIS最初の1年目に、具体的になにができるだろうか」
ピーターさんからの問いかけに、メンバーから次々と意見が上がりました。

共同代表の秋村会頭、山本と対話する時間も設けられました。
化粧を通じてネパールなど途上国の女性支援に取り組む起業家の向田麻衣さんからは「山本さんは長く続く和菓子屋の4代目ということですが、このような新しいことを企画する情熱はどこからくるのですか」と質問がありました。

tDSC_2914

「地域にはその地域の魅力がある。しかし、世界から見ると日本のそれは東京に集中していると感じます。
もっともっと“地域の色”を強くしていきたい。近江八幡を東京にはない、魅力溢れるまちにしていきたい。そんな強い思いからです」。山本は「地域=ローカルの可能性」を世界のリーダーたちに語りかけました。


3日間を通して、みなさんの活発さ、明るさ、心のオープンさに触れ、驚きと多くの学びをいただきました。
セッション中はもちろん、休憩や移動中もつねにメンバー同士でコミュニケーションをとり、人と関わろうとする姿に、一人ひとりが秘める熱量の大きさを感じました。

tDSC03621

日本の食事、お寺や和太鼓などの文化も前向きに受け入れ、好奇心を持ち、心から楽しんでくださいました。

tDSC03795

tDSC_3045

tDSC_3067

事前から準備を重ねてきた私たちスタッフの思いをパワフルに受け取り、たくさんの笑顔で返してくださり、
「近江八幡にお招きできてよかった」という思いが溢れてきました。

tDSC03852

tDSC03888

tDSC_2576

午後はいよいよパブリックフォーラムです。
25人のリーダーたちが導き出した次世代への提案とは。追ってお伝えします!


NELIS | 2015/10/17  22:00

 

photo by 関宙明(ミスター・ユニバース)


NELIS | 2015/10/17  21:25
Text : 田中朝子(広報部)

秋晴れが続く2日目。
今日は禅寺として全国にも知られる「永源寺」を訪れ、日本の文化、歴史を肌で感じ、仏教的観点からみた文明の捉え方などについても議論しました。

001_DSC03306

バスを降りて一段一段石段を登ると、少しずつ凛と張りつめた空気が漂います。
山門をくぐると立派な葭(よし)葺き大屋根の本堂があり、皆さんその貫録のある佇まいに大変興味深い様子。

002_DSC03329

早速に記念撮影をしたあと、本堂で教学部長執事の津村長閑さんから永源寺のはじまり、歴史などについて、とてもユーモラスにお話をいただきました。
「NELIS世界大会の始まりに永源寺を選んでいただき訪れていただいたのも“縁”です。意義のあるワークショップになることを願っています」とお言葉をいただきました。

003_DSC03322

004_DSC03336


その後、研修道場の広々とした60畳間へ。
畳の香りが漂い、座布団だけが整然と敷かれています。

005_DSC03331

今回、NELISに参加の一般社団法人お寺の未来・未来の住職塾をされている松本紹圭さん、現在ベルリンの道場で坐禅指導を中心に様々な活動で禅を世界に伝える星覚(せいがく)さんのお二人が、「禅(仏教)から展望する文明の未来」をテーマにトークされました。

星覚さんからは、禅寺の三つの基本〈三進退〉である「合掌」「叉手(しゃしゅ)」「法界定印(ほっかいじょういん)」を教えていただき、皆で体験しました。座っている時、立って歩く時、祈る時の手の姿勢のことで、日々の作法を美しくする基本とのこと。とても気持ちが洗われ、自身を見つめ直せる機会になったのではと感じました。

006_DSC03364

さて、いよいよ坐禅。
作法を活かしながら15分間・・・。シーンと静かな60畳間はお線香の香りと鈴の音だけが響きます。
ほとんどの方が初めての坐禅で、「静かに、座って感じること考えることがとても新鮮だった」「15分間、あっという間でした」「姿勢をキープするのが難しかったけれど、少しずつ身体がなじんでいった」などそれぞれ感想を持たれていました。

007_DSC03374

お二人への質問も飛び交いました。
その中で、宗教の違いや「禅」についての捉え方について、星覚さんは「日頃の振る舞い全てが修業です」と。とても印象に残る一言に皆さんうなずいておられました。

008_DSC03397


その後、ディスカッションへ───。
昨日とはまた違った5つのグループに分かれ、交流を深めながら少しずつ議論が高まります。

009_DSC03516

010_DSC03514

明日のフォーラムでは、昨日ピーターさんから発表された5つのグループごとにプレゼンテーションが行なわれます。
それぞれのグループの特徴を活かしながら、どのように発表すべきか、効果的な手法などチームごとに内容も加速していきました。

011_DSC03428

012_DSC03517

明日、午前中の最終ディスカッションで内容を完成させ、いよいよ立命館大学で白熱した発表が繰り広げられます。
このNELIS世界大会をきっかけに、今後もつながりが広がり、学びあい、新しい文明を築く第一歩となることを願いたいと思います。


NELIS | 2015/10/16  22:30

 

photo by 関宙明(ミスター・ユニバース)


ページトップ