カレンダー

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
たねや農藝, ワークショップ, 地域 | 2019/03/03  18:03
Text : 桂 浩子(たねや文庫)

穏やかな陽気に恵まれた2月18日。竹林整備のワークショップを行いました。
参加者はたねや農藝のスタッフを中心とした20名。手袋に長靴、安全のためにヘルメットをかぶって作業開始です。

2013年から里山の保護を目的にたねやグループが整備を進めているのは、ギフトショップ裏に広がる八幡山のふもと約8400平方メートル。今回のワークショップではあらかじめ印のつけられた竹や枯れたり倒れたりしたものを伐り、運びだします。

竹伐りの作業で厄介なのは竹が倒れる時ほかの竹に引っかかること。こうなると竹同士がしなるため少し揺すったぐらいではびくともしません。根元から抱えて引っ張る、斜めの状態で伐るなど竹を1本倒すのも手間と力が必要です。

運びやすい大きさに切った竹は数ヶ所に集めて作業は終了。ここからはたねや農藝のスタッフが引き継ぎます。


ワークショップから数日後、八幡山のふもとには小さな山ができていました。これは伐った竹を粉にしたもの。あれだけ積み重ねていた竹も機械を通せばあっという間に粉末に。

竹粉の山は均して土にかえすほか一部は農藝の畑で使っています。夏野菜を植える時、根元に撒くことで雑草の芽吹きを抑え、収穫後はそのまま土に漉き込み肥料とします。

また少し大きめに砕いた竹チップも農藝の敷地に撒くことで雑草対策に。竹チップは朽ちるので1~2年を目安に交換します。


今は見通しが良くなった竹林もかつては鬱蒼とした場所でした。所有者である地元の方々から竹を伐る許可を得、たねや農藝のスタッフが中心となって整備をはじめたのは2013年のこと。2015年にラ コリーナがオープンしてからも地道に活動を続け、竹林整備は今年で7年目を迎えました。

農藝スタッフは竹伐り以外でも、台風が過ぎたあとなど倒れた竹が道路に出ていないか確認に行ったりもします。現場に着いたらすでに地元の方が作業を終えていたことも。

つねに気にかけ、折々に手をいれる。それは田んぼも畑も竹林だって同じです。
自然とのつきあいに終わりはありません。八幡山を、ふるさとの里山を守る活動はこれからも続きます。

※竹林整備についての過去の記事もぜひご覧ください!
(2014/05/21)人と自然が主役の建物です(1)
(2014/06/04)人と自然が主役の建物です(2)
(2014/06/11)人と自然が主役の建物です(3)
(2016/04/25)植物も私たちもエンジン全開!


コンセプト, 地域 | 2019/02/05  17:04
Text : 社会部広報室

1月29日、滋賀県近江八幡市安土町の「沙沙貴神社」を訪ねました。
沙沙貴(ささき)神社の歴史は深く、江戸時代後期に火事になり建物を焼失。丸亀藩京極家により1848年に再建されました。“佐々木源氏発祥の地”として全国各地から“佐々木さん”の名字を持つ方が参拝することでも広く知られています。

沙沙貴神社は昨年9月、台風21号によって本殿の屋根が吹き飛び、境内の大木が倒れるなどの甚大な被害を受けました。この日たねやグループは、地元企業として、地域の大切な存在である沙沙貴神社の復興のためのお見舞金を奉納させていただきました。

私たちたねやグループと沙沙貴神社には、これまでにも様々なご縁があります。
“近江の自然と人”をテーマにたねやグループが発行する冊子「ラ コリーナ9号」(2017年3月発行)では、「安土の沙沙貴まつり」を特集しました。沙沙貴神社で執り行われる神事やまつりを受け継ぐ安土の人々の営みを取材させていただく中で、宮司をはじめ、地域のみなさんにとても快く迎えていただいたのです。

▼沙沙貴神社に咲く「なんじゃもんじゃ」が表紙のラ コリーナ9号

また、古代から長く受け継がれこの地を守り、人々が集い繋がる場となってきた沙沙貴神社は、私たちが「こんな風に在れたら…」と憧れる存在でもあります。ずっと続いてゆくこと、人と人との“和”を育む場所であること。それらに深い畏敬の念を抱くと同時に、後世まで大切に守り継いでいきたいと考えています。

そんな沙沙貴神社のために、私たちにできることは何だろうか。
昨年9月の被災直後には、たねやグループからもスタッフが駆けつけ、氏子のみなさんと一緒に倒木を片付けるなどの作業をお手伝いさせていただきました。当時のことを、岳眞杜宮司が話してくださいました。


「あの日は昼の台風でした。社務所にいたところ、表参道の木がこけてる!本殿の屋根に穴があいている!と連絡があったんです。こんなことが起こるなんて想像がつかなかった…」

県指定文化財でもある本殿は北側の屋根の3分の2が吹き飛んでしまいました。他にもあらゆるところが壊れ浸水したそうです。表参道は倒木でふさがり、樹齢250年のケヤキをはじめ約60の木々が倒れました。

「しかし、ありがたかったのが、氏子のみなさんが集まってくれ、心配して駆けつけてくれる友人もいました。みなさんが助けてくださって、涙がこぼれるほど嬉しかった」と岳宮司。

氏子のみなさんや神社の役員の経験者の方々活躍もあり、倒木の片付けや本殿の破損の応急処置はできたそうですが、完全に修理して建て替るには多額の資金が必要となります。
宮司は「県の補助金や全国からの義援金は大変ありがたく、用途などを全て記録・保存して、大切に使わせていただきたい。少しでも早く、みなさんの憩いの場となる本来のお宮さんの姿に戻したいと思っています」
と話しておられましたが、復興へはまだまだ険しい道のりが続きます。

今回の台風では、全国に被災された方がおられたと思います。滋賀県下でも、様々な被害が報告されました。
こんな時、私たちにできることはほんの微力ですが、少しでもできることをできることから…行動に移していけたらと思っています。
ご縁を大切に、私たちが根差す地域へ感謝を胸に、たねやグループは今後もみなさんと共に歩んでゆきます。
沙沙貴神社をはじめ、被害を受けられた方々の1日も早い復興をお祈りしております。

※被災当時の写真は沙沙貴神社よりお借りしました。
沙沙貴神社では2月18日(月)まで、台風21号の被災による復興工事費の支援金を募るクラウドファンディングを実施中です。詳細はこちら!

 

   


たねや農藝, ワークショップ, 地域, ヨシ刈り | 2019/01/28  10:14
Text : 望田朝美(広報室)

1月16日、今年もたねやグループの従業員、学生含め69人でヨシ刈り・ヨシの丸立てワークショップを開催しました。
昨年は雪が積もり、ゴボッゴボッとヨシ地を移動するのも一苦労でしたが、今年は雪もなくヨシ刈り日和となりました。ヨシ地に入ると自分の背丈よりもはるかに高く生長したヨシを見上げ、一年のめぐりを感じながら作業を進めました。
途中、穂の付いたヨシを探し求めヨシの群生をかき分けた先に、滋賀県では希少種、他の自治体では絶滅危惧種にも指定されている「カヤネズミ」の巣を発見! 静かなヨシ地で小さないのちの気配を感じ、とても感動しました。

冬の刈り取りが終わるとヨシ焼きが行われ、春頃には元気な新芽が顔を出し一年のめぐりが始まります。琵琶湖の環境保全、魚や鳥など生態系の保全にも大切な冬の作業です。

今回も刈り取ったヨシをラ コリーナで丸立てにしました。数日、間近でご覧いただけます。その後、秋冬に開催予定のたいまつイベントで役目を果たし、やがて土に還ります。
〈SDGs〉にもつながるこの活動は今後もたねやグループの大切な取り組みとして持続していきます。


イベント, クラブハリエ | 2019/01/18  18:09
Text : 社会部広報室

1月16日から神戸大丸店、また本日よりJR名古屋タカシマヤで『CLUB HARIE  Valentine Collection 2019』がスタートしました!早々にたくさんのお客様にお越しいただきありがとうございます。
※続いて、西武池袋本店、阪急うめだ本店、大丸東京店、京都タカシマヤ、横浜タカシマヤ オープン(詳細はこちらのサイトをご覧ください)

《JR名古屋タカシマヤ》1月18日オープンの様子

グランシェフの山本も前日から名古屋に駆けつけました。


今年のバレンタインを目前に控えた1月9日・10日、ラ コリーナ近江八幡の本社でバレンタイン催事店舗の店長らが参加するスタッフ研修を行いました。チョコ工房のシェフから全てのチョコレートについての説明、作り手のこだわりやポイントを聞き、同時に商品一つひとつを試食しました。


今年、クラブハリエの看板商品バームクーヘンの新作として登場した「バームクーヘンスティック」。
ふんわり甘く香る柔らかな生地と濃厚なガナッシュの組み合わせで、好きな大きさに切り分けてお召し上がりいただく一品です。味は、ミックスベリー・いちご・ピスタチオ・キャラメルの4種類。
とろりと溶かしたガナッシュにフリーズドライしたフレークをかけてーー。

新鮮な味わいにスタッフも笑顔があふれ、会話が弾みます!

今年話題の「ルビーチョコレート」。

「ルビーチョコレートは着色料や果実を混ぜることなく、生まれながらにして天然のピンク色をしている繊細なチョコレートです。クラブハリエでは、タブレット、ボンボンショコラ、最後にパウンドケーキへと3つのステップでルビー本来の色と味を最大限引き出したアソートBOXを用意しました」(シェフ)

「クラブハリエがお客様にお届けするチョコレートは、一つひとつの食感、味を楽しんでいただくため試作を重ねこだわり抜いて製造しています。例えば〈ショコラティータイムアソート〉はアプリコットジャスミン・紅茶・カフェ・抹茶の、4種類の味を楽しんでいただけます。茶葉の香りを楽しんでいただくため、水出しで1日ゆっくり時間をおいて香りを十分引き出し、ひと粒のチョコレートに美味しさをギュッと詰め込んでいます」(シェフ)

それらをお客様にどうお伝えしたらいいのか…シェフからの話や試食して感じた事などをブレインストーミングでアイデアを出し、意見交換をしながら意識を高めました。


クラブハリエが目指す接客。それは、お越しいただいたお客様に「感謝の気持ち」を伝えられる接客です。

作り手から売り手、そしてお客様へーーー
自信を持って、私たちがクラブハリエのチョコレートをご提案させていただきます。
口いっぱいに広がる甘く幸せな気持ちをぜひ感じてください!


クラブハリエがチョコレートに取り組みはじめて40余年。
お茶やコーヒーのように日常的にチョコレートを口にする文化が根づいてほしい。そんな目標をもってクラブハリエはお菓子づくりを続けています。世界で評価されたショコラにくわえ、手軽に楽しんでいただけるようバラエティ豊かなお菓子を今年もご用意しました。チョコレートがお好きな方はもちろん、普段あまり親しみのない方にも バレンタインをきっかけにチョコレートをより深く知っていただけれ ば嬉しいです。
【クラブハリエ代表取締役 グランシェフ 山本隆夫】

 

※クラブハリエ バレンタインの詳しい内容はこちら
http://clubharie.jp/corporate/chocolat/index.html


コンセプト | 2019/01/02  17:46
Text : 社会部広報室

明けましておめでとうございます!
平成最後の年が幕を開け、新たな気持ちで各地でお客様をお迎えできることを大変ありがたく思っています。

昨年2018年もたねやグループにたくさんのご愛顧をいただき本当にありがとうございました。
私たちの拠点ラ コリーナ近江八幡には、年間300万人を超えるお客さまにお越しいただき、日本全国、また世界から多くの人々が集う場であれたことに大きな喜びを感じました。
今年もここ、ラ コリーナ近江八幡から世界へ。みなさまと共に歩みを進めていけたらと思っています。
※たねやグループCEO山本昌仁の新年のご挨拶はこちら

清々しい新年。今日はあいにくの雨模様の近江八幡でしたが、ラ コリーナ近江八幡には多くのみなさまにお越しいただき、活気あるスタートを迎えさせていただきました。

オープン前の店内では年初めの朝礼が行われ、ラ コリーナでともに働くスタッフ一同が円になり顔を合わせました。各リーダーが今年の抱負を述べ、みんなキリリと引き締まった表情です。

「昨年もたくさんのお客様にお越しいただき、今年もさらに“また来たい”と思っていただけるようなラ コリーナにしていきましょう。そのためには、スタッフ一人ひとりがお客様に喜んでいただけるために何ができるかを考えて行動していくことが大切です。今年もみんなで頑張って行きましょう!」
と明るい笑顔で呼びかけるのはメインショップの宮川店長。

ラ コリーナ洋工房の山本スーシェフは「“お客さまに美味しいお菓子をお届けする”ということを第一に、今年もみんなで助け合ってやっていきましょう!」と、それぞれの持ち場でお客様をお迎えする心構えを確認しました。

店内外も迎春の装い。“円満”の意味が込められた鏡餅や素朴な美しさの山野草もみなさまを歓迎しています。

久しぶりの帰省で大勢が集まった家族団らんのひと時に、また大切な友人との再会に…など、お正月の様々な場面でお菓子を通して幸せをお届けできますように。
願いを込めた縁起のいい迎春仕様の商品も多数そろえ、みなさまをお迎えいたします。

2019年は平成から次の元号へと、新しい時代を迎える年でもあります。
世の中が大きく変化していく中で、変わりながら進化をしていくことと変わらずに守り継ぐもの。そのどちらも、ここラ コリーナから発信していきたいと思っています。
ラ コリーナは私たちの思い、考えを表現する場でもあります。ぜひ今年もたねやグループの“今”を体感しに、ラ コリーナへお越しください!
さらなる飛躍の年へ。今年もどうぞよろしくお願いいたします。


ページトップ