カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
イベント, 地域 | 2017/04/13  11:31
Text : 鷲尾明子(広報室)

一周約200kmのびわ湖。
1泊2日で観光をしながら自転車でびわ湖を一周するイベント「ビワイチ」。
守山市がびわ湖を舞台に活動するサイクリストたちの「ビワイチ」の出発起点にしてもらいたいという思いから、記念碑を設置することになりました。
場所は撮影スポットとして人気を集めているびわ湖沿いの第二なぎさ公園です。

DSC_1598

4月6日、記念碑の除幕式と女性限定の記念ライドイベントが守山市主催で開催されました。
目的地は『ラ コリーナ近江八幡』。往復約30kmのライドです。

DSC_1742


朝9時、除幕式の冒頭、挨拶をした守山市の宮本市長は大学時代、自転車部に所属していたサイクリスト。
「サイクリング雑誌に載っていた、びわ湖をバックにとったポーズが印象的だった」と記念碑のモデルになった田中セシルさんを紹介されました。

DSC_1573

また、記念ライドに参加する池永滋賀県副知事やビワイチをサポートする自転車メーカー ジャイアントジャパンの中村社長からも、ビワイチが観光や健康づくりの目玉として県内をはじめ国内外のサイクリストが訪れる聖地となるよう期待をこめた挨拶がつづきました。

DSC_1578

除幕式では守山市長、池永副知事、中村社長、田中セシルさんが幕を引きます。

DSC_1602

現れたのは足を高く上げたセシルさんの像。
それを見たセシルさんは少し恥ずかしそうに頬を覆っていました。

DSC_1608

「見るまで信じられない思いで今日きました。この記念碑像を見て希望に満ちた未来がここから始まるイメージを受けました。これからビワイチが世界に向けてサイクリストの方だけでなく、興味を持っている方や健康を考える方が自転車を始めるきっかけになれるようサイクリング振興に協力していきたい」と語っていました。

DSC_1613


記念碑と記念撮影をしたあとは、いよいよ記念ライドスタートです。

DSC_1648

記念ライドは池永副知事を先頭に田中セシルさんやジャイアントの女性用バイクブランド「Liv」のスタッフなどが続きます。

DSC_1680

このライドにはたねやグループ社会部の部長も参加し、田中セシルさんの後ろを走りました。

DSC_1683
DSC_1704

途中、10km地点の藤ヶ崎龍神ではお参りをして休憩。
ここからラ コリーナまであと5キロ。ラ コリーナでは何を食べようかと会話がはずみます。

DSC_1729

記念撮影などを楽しんで、ラ  コリーナ近江八幡に向けて出発。
スタートから約1時間後、無事ラ コリーナ近江八幡へ到着です。

DSC_1754

ラ コリーナでは到着を待っていた宮本市長と一緒にメインショップの前で記念撮影。
「Liv」のメンバーはこのまま2日間かけてびわ湖一周をするビワイチライドに出発しました。

DSC_1788

イベントの参加者たちはメインショップ2階のカフェで休憩をして、あま〜いひと時を過ごして出発地点に戻りました。

DSC_1863

ライドの後のお菓子は別格。みなさん楽しそうに笑顔でいい表情をされていました。

DSC_1888

ぜひ、記念碑の前で「ビワイチ」スタートの記念撮影をして、ラ コリーナ近江八幡へお越しください!!

DSC_1697


メインショップ〈草屋根〉, フェロー | 2017/04/10  10:02
Text : 國領美歩(広報室)

現在、茨城県の水戸芸術館で好評開催中の「藤森照信展―自然を生かした建築と路上観察」。ラ コリーナ近江八幡を設計してくださった建築家・藤森照信先生のこれまでの代表作が一堂に会しています。

ttt3.水戸芸術館パンフ-2

先生の故郷である長野県茅野市につくられたデビュー作「神長官守矢史料館」をはじめ、昨年、岐阜県多治見市にオープンした「モザイクタイルミュージアム」、独創的な茶室など、写真やスケッチに収められているその個性豊かな作品の数々は、ぜひ実物を見に行ってみたい!と思うものばかり。
ラ コリーナのいたるところに、先生の今までのお仕事を感じる部分があるという発見もあり、ラ コリーナのルーツが集約されているかのようです。

会場には藤森先生ご自身がつくってくださったラ コリーナ近江八幡の模型が2つ展示されているのですが、前回「藤森先生の模型づくり(1)」に続いて、その制作風景をお届けします!


tDSC_0031

2016年5月、岐阜県揖斐川(いびかわ)町の末永製作所を訪れました。ここには、1年前に先生ご自身が山に入って選んできた栗の木が保管されています。※その時の日誌はこちら。
大きな機械でスライスされてゆく栗の木。ラ コリーナでは柱だけでなく、机やベンチといったあらゆるところに栗材が使われています。

tDSC_20

材質や木目を確認しながら、ある木を使うことに決めました。

tDSC_0049

tDSC_0068

後日、末永製作所からラ コリーナに運ばれてきた栗の木。先生は早速スケッチを始めました。よく見ると、見慣れた芝屋根の、あの建物のようにも!

tDSC_0934

tDSC_0936

そうです!藤森先生がつくるのはメインショップ〈草屋根〉の模型。木に直接下書きをし、おおまかな部分を大工さんに切ってもらうと、ご自身もチェーンソーを手に次々と形を削り出してゆきます。

tDSC_1027

tDSC_1024

表情は真剣そのもの。チェーンソーまでワイルドに使いこなす先生、さすがです!

tDSC_1157

tDSC_1173

〈草屋根〉のなかでも特に印象的なピロティは、柱の一本一本をのみで削り出してゆきます。

tDSC_1259

tDSC_1304

柱ができてくると、見えてきました〈草屋根〉に!栗の木でできた小さな〈草屋根〉が姿を現しました。

tDSC_1328

横から見ると、木目から、この模型が一本の栗の木から切り出されていることが分かります。

tDSC_1444

世界に二つと無い、なんとも豪快な先生らしい模型が完成しました。

tDSC_1319

藤森先生はご自身の建築のなかに、栗の木を多く取り入れてこられました。ラ コリーナ近江八幡の建物も、みなさまの目に触れる部分の多くが栗の木です。
栗の木のその柔らかい表情とあたたかみのある色合いは、訪れたみなさまを自然と穏やかな気持ちにさせてくれる不思議なパワーを持っています。

tDSC_1454

先生は栗材だけでなく、栗の実を食べるのもお好きなんだとか!
たねやの秋の銘菓「栗月下」も毎年楽しみに召し上がってくださっています。

展覧会は5月14日まで。栗の木でできた〈草屋根〉の模型を、ぜひ水戸芸術館でご覧ください!


【藤森照信展―自然を生かした建築と路上観察】
会  場:水戸芸術館現代美術ギャラリー(茨城県水戸市五軒町1-6-8)
開 催 日:2017年3月11日(土)~ 2017年5月14日(日)
休 館 日:月曜日 ※ただし3月20日(月・祝)開館、翌3月21日(火)休館
開館時間:9時30分~18時(入場時間は17時30分まで)
主  催:公益財団法人水戸市芸術振興財団
特別協賛:たねや
ホームページ:http://www11.arttowermito.or.jp/gallery/gallery02.html?id=458


本社〈銅屋根〉 | 2017/04/01  17:50
Text : 鷲尾明子(広報室)

4月1日たねやグループに65名の仲間が加わりました。

DSC_0170 DSC_0303


朝、新入社員たちはたねやグループのふるさと近江八幡の日牟禮ヴィレッジに集合しました。
たねやグループの会長・女将とともに日牟禮八幡宮を参拝し、ご祈祷いただきました。

DSC_0200

祝詞を奏上する間も少し緊張気味の新入社員たち。

DSC_0194DSC_0217

鈴の音で祓い清めた後は会長に続いて新入社員を代表した2名が玉串を奉り拝礼します。

DSC_0226DSC_0238

祈祷の終わりに日牟禮八幡宮の宮司よりお言葉をいただき、御神酒を受けて日牟禮八幡宮をあとにしました。

DSC_0257DSC_0242DSC_0278


日牟禮八幡宮から車で5分ほど移動してラ コリーナ近江八幡にあるたねやグループの本社で入社式です。

DSC_0593

1人づつ名前を呼ばれて配属先が発表されます。

DSC_0338

元気な声で「はい!」と返事した新入社員たちは配属先を聞いて「ありがとうございます」と頭を下げます。

DSC_0319DSC_0344 DSC_0357

たねやグループCEO たねや社長、クラブハリエ社長、そして会長からそれぞれお言葉がありました。

DSC_0372 DSC_0389DSC_0430

つづいて、専務から会社の紹介と部署長の挨拶がありました。

DSC_0442DSC_0453

新入社員から「誓いの言葉」があり、CEOからお菓子とたねやグループのバイブル「末廣正統苑(すえひろしょうとうえん)」が手渡されました。

DSC_0602 DSC_0614

入社式が終わり、ラ コリーナ近江八幡で本社をバックに記念撮影。
合成

皆さんの今後の活躍が楽しみです。


フードガレージ, たねや農藝, 本社〈銅屋根〉 | 2017/03/29  09:29
Text : 鷲尾明子(広報室)

従業員のうち女性が約7割を占めるたねやグループ。
子どもをもつお母さんが職場の近くに安心して預けられる環境をつくること、そしてこれからは『子育て支援は企業の責任』ととらえ山本德次社長(現名誉会長)が2004年10月に企業内保育園を開園しました。
母親が手塩にかけてつくるおにぎりのように人のぬくもりを感じられる場所であるようにという思いから「おにぎり保育園」と名付けられました。

おにぎり保育園を3月に卒園し、4月から小学校へ入学する園児たち7人の思い出づくり「最後の遠足」を今年も行いました。

DSC05003

おにぎり保育園から電車とバスを乗り継いでラ コリーナ近江八幡に到着。
バスを降りた園児たちの顔に笑顔があふれます。

DSC_8832

今回の遠足には3つの目的があります。
1.お世話になったおじいちゃん(会長)に挨拶に行くこと
2.卒園の記念にたねや農藝で栗の苗木を植樹すること
3.ラ コリーナで1人でお買い物をすること

メインショップの前で記念撮影。テンションがあがってきたようです。

DSC_8850

お菓子がいっぱいの店内が気になりつつもメインショップを抜けてたねやグループの本社へ

DSC_8869

「おはようございます!」園児たちが元気にやってきました。

DSC_8908

こどもたちの訪問に仕事をしているスタッフの顔もほころびます。

DSC_8946

おじいちゃん(会長)が手を振って迎えてくれました。

DSC_8949

これから小学校へ上がる7人は大きな声で「元気な小学生になります!」と挨拶をしました。

DSC_8954


次は植樹をするため、たねや農藝に向かいます。

DSC_8982

たねや農藝にはラ コリーナ近江八幡の田んぼや畑の整備をする“北之庄菜園(きたのしょうさいえん)”や樹々や敷地内の造成を進める“ラ コリーナ近江八幡造園”、山野草を育て美しく鉢植えし、各店舗に送る“愛四季苑(はしきえん)”があります。

7人は卒園の記念にたねや農藝で育てた栗の苗木を棚田のそばの土手に植えに行きました。
でも時間はお昼、お腹ペコペコの園児たちはまず農藝の一角でお昼ご飯です。

DSC_8998

持ってきたおにぎりを見せ合いながら美味しそうに頬張っていました。

DSC_8997DSC_9005

お腹がいっぱいになったところで、手袋をもらって、いよいよ植樹です。
ラ コリーナ近江八幡造園の都志(つし)園長と棚田の裏側に回ってきました。

DSC_9066

栗の苗木を2本選んで自分たちで植えます。

DSC_9071

手伝ってもらいながらもみんな一生懸命、土を掘って苗を植えて土をかぶせていきます。

DSC_9122

みんなで協力しあって14本の苗木を植えました。

DSC_9137

お世話になったみなさんに「ありがとうございます」大きな声でお礼ができました。

DSC_9168


次はいよいよお買い物!園児たちの足取りも軽やかです。
誰の手も借りずに1人でお買い物をするというミッションです。DSC_9178

コンテナショップにつきました。早速みたらしだんごを食べたい園児がお金をもらって注文をします。

DSC_9198

店員さんの「ごまはつけますか?」という質問に戸惑いつつも「つけてください」と返答できて無事に買うことができました。

DSC_9200DSC_9210

保育園を出る前から「ハリエさんのクッキー」と決めていた園児たちも順番に買い物をします。

DSC_9227

小さい体で背伸びをしながら無事に購入。

DSC_9246

食べている時はみんないい顔です。

DSC_9255

おいしいお菓子に園児たちの笑顔があふれます。

DSC_9260

そろそろみんなが待つ保育園に戻る時間です。
メインショップに入るとおじいちゃん(会長)に出会えました。お別れの挨拶をして帰ります。

DSC_9298

4月から別々の小学校に入学する7人。いい思い出になりました。

DSC_9304

※昨年の思い出遠足ラ コリーナへ遠足にいきました!も合わせてご覧ください。


コンセプト, 地域 | 2017/03/10  10:23
Text : 鷲尾明子(広報室)

ラ コリーナ近江八幡の近く、琵琶湖の内湖・西の湖へ続く北之庄沢で今年もたねやグループ従業員によるヨシ刈りが行われました。
今回は県立大学の学生も参加し、約30名が集まりました。

DSC_6471

北之庄沢一帯は水郷地帯が広がっており、琵琶湖の水質浄化、生態系保全などの多様な働きを持つヨシ群落があります。

DSC_6694

ラ コリーナ近江八幡から1kmほど歩くとヨシ原につきました。
皆でお揃いの法被を羽織ってヨシを刈る人、ヨシをまとめる人、運ぶ人、そして午後から丸立てを作る人とチーム分けをして準備にかかります。

DSC_6329

この美しい景観を守るため環境保全活動をされている「北之庄沢を守る会」の西野会長が挨拶に来てくださり、いよいよ作業開始です。
2隻の船を使ってヨシ地に渡り、草刈り機で刈ったあと地に入って手作業で少しずつ刈り始めました。

DSC_6350

生い茂るヨシをかき分け、刈り取りながら奥へ奥へと進んでいきます。

DSC_6356

3mを超えるヨシを見上げながら穂がついた長くて太い丈夫なヨシだけを選別していきます。

DSC_6411

集まったヨシをまとめ、適度な太さになったら1つに束ねていきます。

DSC_6535

刈り束を乾燥させるため、ラ コリーナ近江八幡に運びます。

DSC_6437

目標は120束、約60000本です。

DSC_6446


午後からは数人がラ コリーナで刈り束を円錐状に立てる作業(丸立て)を始めました。

DSC_6560

『La collina』8号でご紹介させていただいたヨシ葺き職人の竹田勝博さんに指導を受けます。
刈り束だけで立てる丸立て、「45度の角度で立てると安定する」とアドバイスをいただきました。

DSC_6594

午後5時、ヨシ刈りチームも目標の120束分ができあがり、ラ コリーナで丸立ての作業に加わります。

DSC_6638

ヨシの丸立ても完成し、無事に今回のワークショップが終了しました。
このヨシは11月にラ コリーナ近江八幡で開催する「たいまつフェス」の松明に使います。

DSC_6652

※昨年のヨシ刈りの様子をお伝えする記事「美しいヨシ原を守るために」もあわせてご覧ください。


ページトップ