節分 富久豆 ふくまめ

白いおもてに紅ひいて、笑みもや
さしいお多福さん。

古くは阿亀と呼ばれていた働き者
にちなむこの面相は、その微笑が
福を呼ぶとして、節分には鬼の面
と対となる縁起物にもなっていま
す。

節分は、穢れを祓い、新しい季節
を迎える節目の日。
おめでたい紅白の福豆に、いつも
笑顔で過ごせますよう、ふっくら
と笑うお多福さんの面を添えお届
けいたします。
富久豆 ふくまめ
販売期間
1月13日〜2月2日
価格(税込)
2,268円
熱量
【面】315kcal(1個100g当たり)
【豆】411kcal(100g当たり)
アレルギー
【面】やまいも、いか
【豆】大豆
日保ち
26日
ご購入について
店舗・通販で販売いたします。
通販での予約受付開始日:1月4日
※受注日から最短で2日後のお届け
       
※お面は食べられますが、壁掛けにもしていただけます。
※専用包装形態のため、のし・包装紙はお付けすることができません。
※通販では柊は付いておりません。
オンラインショップでのご購入はこちら
オンラインショップ

お多福さんの笑みもやさしく福まねき

「ふくはーうちー・・・」 春立つ日の前夜、
部屋の障子や戸を開け放ち 大きな声で福を招き、厄を祓います。
春を呼ぶ節分の季節。たねやでは「富久豆」づくりがはじまります。
お多福さんのお面づくりには、職人の繊細な感覚からうまれる
たおやかな手作業が欠かせません。 福多かれと願いつつ・・・。
ていねいな型押しや、ふくよかな微笑を描く筆遣いは、 和菓子職人ならではの職人技。
お面に添える豆菓子には、節分に縁ある大豆の中でも、
大粒で甘みのある北海道産「たまふくら」を。豆本来の甘みや香ばしさを活かし、
衣がけの砂糖をうっすら控えめにしております。
鬼は外、福は内。ゆかしいならいにちなむ、
お菓子とお面で、季節の節目を祝います。

歳時について

四季折々の行事「歳事」。暮らしの一部として根付く歳事は遠い昔から和菓子とふかい結びつきがありました。「暮らしとお菓子」では、歳事とそれにちなむたねやのお菓子をご紹介いたします。

ページトップ