花まつり 五泉 ごせん

お釈迦さまの誕生をお祝いする
花まつり。

粒・こし・胡麻の
三種の餡をつつんだ求肥に、
古事にちなんだ五色の蒸しそぼろを
ふんわりまぶしました。
五泉 ごせん
販売期間
4月8日
価格(税込)
【5個入】 648円
熱量
240kcal(1箱90g当たり)
アレルギー
小麦・卵・大豆・ごま
日保ち
2日
ご購入について
通販での販売は終了いたしました

ゆかしいまつりに縁をむすぶ、五色の甘露

昔、お釈迦様がこの世にお生まれになったとき、
天の龍が五色の甘露の雨をふりそそぎ、誕生をお祝いしました。

うららかな陽気の頃にひらかれる花まつりは、灌佛会(かんぶつえ)とも呼ばれる古式ゆかしいおまつりです。
きれいな春の花々で飾った花御堂に小さなお釈迦様の像を安置し、産湯にみたてた甘茶をそそぎお祝いします。

たねやの五泉は、甘茶を練りこんだ求肥で粒餡、こし餡、胡麻餡、みそ餡、白粒餡をやさしくつつみ、
小さくつぶらに仕上げた歳時のお菓子です。
求肥にまぶした五色のそぼろは、天の龍がそそいだ甘露の奇瑞(きずい)にならっています。

花の御堂もかぐわしい春の一日。
昔も今も変わらぬ想いで、今日のこの日をお祝いします。

※奇瑞・・・めでたいことの前兆として現れた不思議な現象のこと

歳時について

四季折々の行事「歳事」。暮らしの一部として根付く歳事は遠い昔から和菓子とふかい結びつきがありました。「暮らしとお菓子」では、歳事とそれにちなむたねやのお菓子をご紹介いたします。

ページトップ