菊花 きっか

秋晴れに菊の花かおる
九月九日 重陽の節供
ゆかしい催事に寄せて
菊にちなんだお菓子を
お届けします。
菊花
販売期間
9月1日〜9月下旬
価格(税込)
【KK330】 3,564円 / 【KK450】 4,860円
熱量
熱量の詳細
【菊花最中】 <粒餡・白粒餡>31kcal(1個11g当たり)、<胡麻餡>30kcal(1個11g当たり)
【芋宝珠】 171kcal(1個70g当たり)
【栗紫草】 85kcal(1個38g当たり)
【菊の雫】 40kcal(1個45g当たり)
【秋ひとひら】 <小>131kcal(1個40g当たり)、<大>261kcal(1個80g当たり)
アレルギー
アレルギーの詳細
【菊花最中】 <胡麻餡>ごま
【芋宝珠】 小麦
【栗紫草】 大豆
日保ち
8日
ご購入について
オンラインショップでのご購入はこちら
オンラインショップ
※「菊の雫」には、アルコールが含まれています。

秋の里から菊のたより

ふるくから、不老長寿の霊草とされた菊の花。
その香りをうつした露で身をぬぐえば老いも去るとして
平安時代の宮中では旧暦の九月九日に、菊の露を宿した綿を贈りあい
花びらを浮かべた菊酒を飲み交わしたと伝えられます。

ゆかしい秋の節供にちなみ、菊の花をかたどった最中をはじめ
栗や芋など秋のみのりを使ったお菓子を詰め合わせいたしました。

詰合せ内容

【KK330】(3,564円)
【菊花最中】 1個、【芋宝珠】 2個、【栗紫草】 2個、【菊の雫】 2個、【秋ひとひら(小)】 1個
【KK450】(4,860円)
【菊花最中】 1個、【芋宝珠】 2個、【栗紫草】 4個、【菊の雫】 4個、【秋ひとひら(大)】 1個

3種類の餡を菊形の最中種にはさんでいただく手づくり最中です。

 

丹念に炊き上げた濃厚な芋餡を、こなし生地で巻き上げました。

秋の実を贅沢に。刻み栗を散らした羊羹で蜜漬けの栗をまるごと一粒包みました。

 

梅酒のさわやかで芳醇な香りを味わえるゼリーに、菊の花びらを彩りに添えました。
※アルコールが含まれています。

日向夏の皮を蜜づけし、小豆羊羹をからめ、和三盆糖をまぶしました。

   

 

歳時について

四季折々の行事「歳事」。暮らしの一部として根付く歳事は遠い昔から和菓子とふかい結びつきがありました。「暮らしとお菓子」では、歳事とそれにちなむたねやのお菓子をご紹介いたします。

ページトップ