暮らしをサポートするお菓子

たねや寒天

からだにも、こころにも

日々の暮らしに寄り添うお菓子が、からだにもこころにも優しくおいしくあるために──
長年のお菓子づくりのなかでたねやが気づいたのは、お菓子の持つ新しい可能性。
折々のお菓子を通して現代の食生活に不足しがちな栄養を補い、
健やかなからだをサポートできたなら、からだにも、こころにも優しいお菓子になるのではないか。
そんな思いを種にして、毎日の食事では不足しがちな栄養素「食物繊維」をプラスしました。

おいしく、楽しい──それは昔から変わらない食べる喜び。
たねやはこれからも健やかに、こころ豊かな暮らしをサポートするお菓子を届けてまいります。

不足しがちな食物繊維を、おいしく補います

大麦や小豆、ワカメや寒天など、さまざまな食品に含まれている食物繊維は体の調子を整えてくれる大切な栄養素。
健やかな体づくりに欠かせない食物繊維ですが、毎日の食事ではどうしても不足しがちです。

食物繊維の摂取目標量(1日当たり)

たねやでは、一般社団法人メディカルファーム代表理事 内科医の渡邉美和子氏監修のもと、食物繊維の摂取をおいしくサポートするお菓子に仕上げました。

※1「日本人の食事摂取基準」(2015 年版)による 目標量(成人)
※2「平成 26年国民健康・栄養調査」の結果による 食物繊維摂取量平均値(20歳以上)

食物繊維を含むお菓子

たねや寒天 トマト たねや寒天 ドライトマト

低糖質のお菓子

たねや寒天 ドライトマト

からだにやさしい素材で仕上げたお菓子

サクッと軽い食感に手軽につまめるひと口サイズ。
バターや小麦粉を生地に使わず、からだにやさしい素材を使いました。
あわせる種子や木の実は、食感がえられるようなるべくそのままに。
少量ですが噛み応えと深い味わいのあるお菓子に仕上げました。

からら

開発協力:一般社団法人メディカルファーム 代表理事 内科医 渡邉美和子

渡邉先生

北里大学医学部卒業。慶応病院で内科医として勤務し、その後は内科診療と並行して民間の医療研究機関で顧問医としての研鑽を積み、医療ビジネスのコンサルティングやクリニック経営に関わる。家庭医学書の総編集やウェブ上の医療コラム連載など講演、執筆多数。現在はミッドタウンクリニック特別診察室長、一般社団法人メディカルファーム代表理事、一般財団法人東亜総研理事。
現在たねやでは、渡邉医師と共同で「お菓子×健康」プロジェクトに取り組んでいます。

詳しくはこちら

ページトップ