暮らしとお菓子

11月

15日

玄猪 -げんちょ-

冬の気配がちかづく十一月の古い呼び名は亥月。
「亥の月亥の日亥の刻に餅を食べると万病を防ぐ」との言い伝えから、この日にお餅を食べ無病息災を願う風習がありました。
平安時代の宮中ではじまったこの行事では、臣下たちに「玄猪餅(げんちょもち)」が下賜されたほか、民間では秋の収穫を祝い「亥の子餅」を作ったといいます。もともとは七種の新穀をつかったとも、三色の餅に仕上げたともされる亥の日のお餅。それがいつの頃から亥の子の文字どおり色や形で猪に見立て、子孫繁栄への願いもこめられるようになりました。
また昔から亥の月亥の日には炉や火鉢を出す習慣もあり、茶の湯では現在もこの日に「炉開き」がおこなわれ茶菓子には亥の子餅がもちいられます。
朝夕の冷え込みが厳しい折、亥の子の名前で親しまれてきた歳時菓子。栗入りのつぶ餡を求肥で包み、桂皮末の香りもほのかに晩秋をいろどります。

11月

22日

冬至 -とうじ-

一年で昼間がもっとも短くなる冬至。
この日をさかいに陽が夏至にかけて少しずつ長くなることから、太陽が力をとりもどす始まりの日として「一陽来復」とも呼ばれています。
冬至冬なか冬はじめ。寒さはいよいよ厳しくなりますが、昔から人々は冬至を新しい季節の節目として幸を願ってきました。
人参(にんじん)、饂飩(うどん)や南瓜(なんきん)など「ん」のつく食べ物をいただき「運」がつくように。柚子の実を浮かべた柚子湯に入れば金銭の「融通」が利くようにとの縁起かつぎもそのひとつです。
一方で、厳しい冬本番にむけ栄養をとり、体の芯から温まる柚子湯に入ることで風邪を防ぐなど暮らしの知恵もうかがえます。
年の瀬せまる冬の歳時に、冬至に縁のある南瓜のお菓子をお届けします。

ページトップ