暮らしとお菓子

8月

1日

田実の節 -たみのせち-

八朔は八月朔日(ついたち)のこと。この日は田畑の収穫を控えた時期にあたり、農村では豊作を祈る「田の実の節供」がおこなわれます。
稲に先駆け収穫した粟(あわ)や黍(きび)の初穂を神前に供えるほか、「田の実」が「頼み」に通じるとして、日々の感謝とともに近隣の家々へ穀物や団子を贈ります。
本格的な秋を前に、収穫を祈り、人と人とのつながりを確かめる八朔の歳事。農村ならではの歳時にちなみ、五穀のひとつである黍を搗きいれたお餅をお届けします。

八朔福搗餅 はっさくふくつきもち

販売期間:8月1日

12日・13日

盂蘭盆会 -うらぼんえ-

家族や親類があつまり、彼岸からのご先祖様をお迎えするお盆は、正しい呼び名を
「盂蘭盆会(うらぼんえ)」。その昔、お釈迦様の弟子が彼岸で苦しむ母を、現世で功徳を積み救ったお話がもとになっています。
暑さの中にうっすら秋の気配が感じられるお盆の頃。蓮の葉をうつわに季節の果物や野菜を供え、ご先祖様が迷わず我が家に帰れるように門口や道の辻で迎え火を焚きます。  
ご先祖様に感謝し、これからも見守ってくださいますよう祈りをこめる盂蘭盆会。やわらかく蒸し上げた米粉の団子に甘辛いたれをのせたお迎え団子を、お盆の入りに供えます。

お迎えだんご おむかえだんご

販売期間:8月12日、13日

ページトップ