暮らしとお菓子

4月

8日

花まつり -はなまつり-

四月八日はお釈迦様の誕生をお祝いする花まつり。お寺の山内に春の花々で屋根を飾った花御堂(はなみどう)をつくり、人々はそのなかにまつられた小さなお釈迦様の像へ甘茶を潅(そそ)ぎます。
潅仏会とも呼ばれるこのおまつりは、お釈迦様がお生まれになったとき、天の龍が五色の甘露を潅いだ奇瑞(きずい)にちなむもの。もともとは五色水、五香水とよばれた香水を潅いだとされますが、やがてアマチャの葉を乾し煎じた「甘茶」を用いるようになりました。
この甘茶はお寺から持ち帰り、家や田にまけば蛇が寄らず、井戸にたらせば水が枯れないとも伝えられます。
のどかな春のおまつりにお届けする「五泉」は、甘茶を求肥に練りこみ、五色のそぼろをまぶしたつぶらな歳時菓子です。

五泉

販売期間:4月8日
販売終了いたしました。

4月

8日

重五の節供 -ちょうごのせっく-

五月五日の端午は、五が重なることから重五と呼ばれる初夏の節供です。
古くはこの日に蓬や菖蒲といった香りのつよい薬草を摘み、邪気を祓ったものでしたが、いつしか菖蒲の音が、武運や武勇を重んじる「尚武」につながるとして男児の祝い日となりました。
この重五にいただく粽や柏餅は、どちらも昔からの節供菓子。粽はその起こりを古代中国の詩人の伝説によるとも、円錐のかたちを蛇に見立てて虫を追い払ったとも伝えられます。対して柏餅は、重五が男児の節供として普及したころ、新芽が出るまで古い葉が落ちない柏に子孫繁栄の願いをこめてうまれたお菓子です。
さわやかに風わたる皐月のころ、たねやから重五の節供に縁のある歳時菓子をお届けいたします。

柏餅 かしわもち

販売期間:4月9日〜5月5日
詳細はこちら

粽 ちまき

販売期間:5月1日〜5月5日
詳細はこちら

8日

母の日 -ははのひ-

赤いカーネーションが印象的な母の日は、はるかな海を超えた先、アメリカではじまったと伝えられます。
1900年初頭、アメリカ東部のある町で一人の女性がおこなった礼拝は、亡き母をたたえるためのもの。その礼拝では母が好きだったカーネーションが捧げられ、おとずれた人々にも配られたそうです。
この出来事がやがて「母に感謝する日」として各地に広まり、1914年にはアメリカ大統領によって正式に五月の第二日曜日が「母の日」と定められました。
日本には大正時代に伝わり、今ではすっかりおなじみとなった母の日。
母への感謝の気持ちを込めた餅菓子に、赤いカーネーションを添えてご用意いたします。

ひとへに

販売期間:5月13日、5月14日
詳細はこちら

6月

1日

賜氷節-しひょうせつ-

『枕草子』や『源氏物語』に見られるように、平安時代にはすでに氷をつかい涼を得ていました。
当事宮中で用いられた氷は、周辺の山にもうけた氷室からの献上品。冬に切りだし、氷室で夏まで保存された氷はたいそう貴重なものでした。普段は天皇や貴族だけが楽しめた氷も、六月一日の賜氷節には、「この日に氷を食べれば夏痩せしない」との言い伝えから、群臣にも氷がふるまわれたと言います。
夏を健やかに過ごしたいとの願いは市井の人々も同じ。
宮中とは違い氷を手にすることもできない民間でも、六月一日に氷を模したお菓子をつくり、無病を願っていただくようになりました。
氷が貴重だった頃にうまれた氷のお菓子。「氷室」は三角の羊羹を氷に見立て、白みそ風味に仕立てた道明寺を外郎生地で包んだ歳時菓子です。

たねや 氷室 たねや ひむろ

販売期間:6月1日
詳細はこちら

16日

嘉祥

今はむかし、豊後(ぶんご)の国から都へ一匹の白亀が献上されました。それを吉兆のしるしだとして、元号を「嘉祥(かじょう)」と改めたのが六月十六日のこと。この改号を祝い、お菓子やお餅を神前に供えたことが嘉祥のはじまりとされています。以来、この日には厄除けと招福を願ってお菓子を食べるようになり、「和菓子の日」とも呼ばれるようになりました。
「吉兆嘉祥」は嘉祥の起こりにちなみ、こし餡を包み染飯(そめいい)を飾ったお団子を、亀甲に見立てた歳時菓です。

吉兆嘉祥 きっちょうかじょう

販売期間:6月16日
詳細はこちら

ページトップ