暮らしとお菓子

1月

1日

お正月 -おしょうがつ-

羽二重餅から透ける薄紅色も春らしい菱葩(ひしはなびら)は、そのはじまりを平安時代に持つと伝えられます。
新しい一年の始まりに猪肉や押し鮎、お餅といった固いものを噛むことで長寿を祈った「お歯固め」の儀式は『源氏物語』にも見られる朝廷の新年行事です。この「お歯固め」が時代とともに簡略化され、押し鮎に見立てた牛蒡をお餅でつつむ菱葩となりました。
平安のさまざまな行事の手引書である『江家次第(ごうけしだい)』によれば、お歯固めの餅には近江国のものを用いよとあります。千年以上も前の書物に見られる「近江」と「餅」の字は、古くからこの土地が米どころとして名を馳せていた証ともいえます。
たねやの菱葩は平安時代の昔から今も変わらず地元産の羽二重糯米を用いて作りあげた祝い菓子です。ことし一年が皆様にとって幸多き年となりますように、願いをこめてお届けいたします。

1月

7日

人日の節供 -じんじつのせっく-

きびしい寒さの中にも、どこか春を含んでいるような睦月(むつき)の七日。この日は人日の節供と呼ばれ、一年のうちでもっとも早くやってくる節供でもあります。
この日に食べることで有名なのが七草餅。もともと「ななくさ」は「七種」と書き、米・粟(あわ)・黍(きび)・稗(ひえ)・小豆など七種類の穀物を使った「七種粥」が古くから作られていました。
また平安の頃より、この日には新年に芽吹いた若菜を摘みとり、汁物にしていただく風習もありました。やがてこれが七種粥と結びつき、室町の頃からは、せり・なずな・ごぎょう・はこべらといった春の七草でつくる「七草粥」をいただくようになったそうです。
芽吹く若菜の力にあやかり、縁起のよい瓢箪(ひょうたん)のかたちに無病息災の願いをこめて。健やかな一年をお過ごしください。

2月

3日

節分 -せつぶん-

季節の節目を「節分」と呼び、それまでの厄を祓(はら)うならわしは古くから行われてきました。
とくに立春前日の節分は、旧暦の大晦日にあたることから、とりわけ盛大に行われたと伝えられます。
平安時代の宮中では、大晦日に「追儺(ついな)」の儀式が行われ、鬼に扮した舎人を殿上人が追いたて、穢れを祓い新年を迎えたそうです。桃の弓に蓬(よもぎ)の矢をつがえ、鬼役へと射掛けた追儺も、いつしか「鬼は外」の掛け声とともに、煎り豆を投げる行事へ姿をかえてゆきました。
たねやの節分菓子「富久豆」は、ひとつ一つ手づくりのお多福さんのお面に、砂糖がけした香ばしい煎り豆を添えました。
白いおもてのお多福さんは、そのやさしい微笑みが福を呼ぶとして、節分の鬼と対になる縁起物。春を迎える節目の日に、幸多かれと願いをこめてお届けいたします。

ページトップ