“素材を大切にするたねや”を
 もっともっと知ってもらうための
 プロジェクト  - 素材会議 第一回 小豆編

『素材会議』は、たねやグループが大切にしている素材について学び合い、新たな価値を発見することを目指しスタートしました。

具体的な活動の最初のステップとして、2014年10月16日、第一回『素材会議』(小豆編)を実施。
製造・販売・農藝など分野を越えたメンバーが集い、滋賀県立大学・立命館大学の大学生も加わった総勢40名で、
とことん<小豆>について掘り下げました。

1. 小豆に関するブレインストーミング

<小豆>について、知っていること、連想すること、疑問などを自由に語り合い、仲間と共有。
自分とは違う視点に刺激を受け、見つめ、考え、言葉にしていく時間です。

ツヤツヤ、お手玉、おばあちゃん、厄除け、健康、ポリフェノール、北海道、自然、黄色い花、農業、文化、百人一首、粒あん・こしあん、赤飯…
一つの素材からどんどんイメージが広がります。

収穫の時期は?何種類ある?どんな気候が適してる?まだまだ知らないこともたくさん。
和菓子の基本となる<あんこ>の素、<小豆>の世界を深めていきました。

2. 小豆に関する基礎講座

株式会社山本忠信商店の長谷川さんによる基礎レクチャー。
畑で育つ小豆のようすや、収穫や選別の丁寧な作業など、幅広いお話をうかがいました。
たねやの小豆は、生産者のみなさんが、“たねやさんのために!”と作ってくださる特別仕様。
どのように育ち、管理されているのかを知り、素材への理解が深まりました。

一粒の小豆、北海道の大地。お菓子の素に、素材あり!

3.ブレイクタイム

『素材会議』のブレイクタイムは、とってもスペシャル!
北海道産小豆を丁寧に炊いた“ぜんざい”、炊き方をかえて作った2種類の“おはぎ”、ほんのり香ばしい“小豆茶”と、小豆づくし。
工場長から<小豆>や<あんこ>の話をうかがい、素材とお菓子がつながります。
ココロもカラダも小豆で満たされ、みんな笑顔で和やかに。

4.アイデア出しワークショップ

<小豆>について掘り下げたわたしたち。「たねやがいかに素材を大切にしているか」ということがお客様に<伝わる>には?
いつもは工場でお菓子を作っている人も、お店でお菓子を販売している人も、いっしょになってアイデアを出し合いました。

5.グループ発表

グループごとに、プレゼンテーション。

小豆を袋ごとディスプレイ、お客様と一緒に小豆を種から育てる活動、見て参加する小豆アート、小豆の炊き方レッスン、産地や炊き方をかえた小豆が食べ比べられる商品などなど…。

思いもよらないアイデアが、みごとなチームワークで続々と登場しました!!!発表後には、実現可能性が高いアイデア<優秀賞>、面白かったアイデア<アイデア賞>を投票により決定。ここで出たアイデアが、かたちになるかもしれません!

アイデア紹介

小豆の袋をディスプレイ

お客様に小豆に興味を持ってもらうために、お店に小豆の袋をディスプレイ。小豆をお持ち帰りいただいたり、家で美味しく食べる方法などもレクチャー。家でも小豆についての会話がはずみ、和菓子の世界にも興味が広がる。

たねやのタネ

ラ コリーナ近江八幡にお客様自身が小豆を栽培し、和菓子職人とのふれあいを楽しむイベントを開催。小豆の違いや炊き方を伝え、たねやが素材を大切にしていることをお客様と一緒に学ぶ。自分たちで育てた小豆で、自分たちでお菓子をつくってもらう。家にも種を持ち帰り、庭でも育ててもらい興味を広げる。

  • 本物で勝負!楽しく本物を知る!
  • 小豆を通じて自然の中で食・健康を実体験
  • こっそり小豆大作戦!
  • 小豆のこだわりを商品で
  • あずきアート
  • 想像

ひとりひとりの心に素材への想いが育った、第一回『素材会議』。
自分の言葉で話し、いろんな意見を聞き、フル回転でアイデア出し。
日常の業務から少しはなれた交流、学生さんのフレッシュな感性も刺激となりました。

お客様とわたしたち、お菓子と素材をまんなかに、新たな価値を共有していければと思います。

たねやグループは、『素材会議』を通して、
“素材を大切にするわたしたち”の真剣なこだわりを発信していきます。

“おかしのたね”トップへ戻る