“素材を大切にするたねや・クラブハリエ”を
 もっともっと知ってもらうための
 プロジェクト  - 素材会議 第一回 小豆編

ひとりひとりが“素材”について想いをもつこと。伝えること。『素材会議』は、わたしたちが共に学び合う“成長の場”にもなっています。

バレンタイン直前の2015年1月15日(木)、第二回『素材会議』(カカオ・チョコレート編)を実施いたしました。
3週間のバレンタイン催事で店頭にたつ販売スタッフ52名が日本全国から集い、カカオとチョコレートについて学び合いました。

1. カカオ・チョコレートに関するブレインストーミング

<カカオ・チョコレート>から連想するキーワードを出し、仲間と共有する時間。
貼り切れないほどたくさんの言葉がどんどんあふれ出てきました。

バレンタイン、プレゼント、ご褒美、リラックス、ストレス解消、手作り、友チョコ、美容にいい、世界、高級、子ども、笑顔、愛を伝える、甘い、苦い、とろける、クーベルチュール、テンパリング、隠し味にもなる…

チョコレートはわたしたちにとってとても身近な存在。だけどまだまだ分からないことだらけ。みんなの興味が行き交います。

そして、近年はカカオの効用が見直され、美容や健康にもよいとされていることにも話題が広がりました。

2. カカオ・チョコレートに関する基礎講座

ピュラトスジャパン株式会社の押野さん・尾原さんによる基礎レクチャー。
カカオの原産国や品種について教えていただき、カカオの栽培~加工から、チョコレートになるまでの製造工程もしっかり勉強。そして、チョコレートの種類別原料や配合例の知識を深め、チョコレートを選ぶポイントなども教えていただきました。

ガーナ、ペルー、ベトナム、パプアニューギニア…
ベルギー、フランス、日本…
世界の国々との繋がりの中で生まれるチョコレート。

カカオという“素材”にまで目をむけることで、チョコレートの奥深い世界へと引き込まれていきます。

3. クラブハリエのチョコレートについて

クラブハリエのチョコレートは世界大会優勝ショコラティエによって生みだされています。

ボンボンショコラ一粒一粒の味の特徴や、店舗限定商品の開発秘話、お客様に届けたい想いなど、山本隆夫グランシェフ・小野林範シェフからたっぷり聞くことができました。

産地やカカオ分によってまったく味が異なることや、フィリングとあわせてチョコレートを選ぶことなど、美味しいチョコレートを届けるために、とことんこだわって作れられていることを改めて実感。

「クラブハリエのショコラティエはみんな型抜きができるけど、これはものすごく高い技術です。そしてとても手間がかかる。」そんなことを聞けば聞くほど、一粒の味わいが深まります。

4. グループ発表

カカオについて知識を深め、今までとは違う視点でチョコレートを見つめたわたしたち。
今日の学びをしっかり共有し、いかにお客様にお届けするかを店舗ごとに話し合いました。

発表はドキドキの瞬間…!

自然の恵み“カカオ”から、たくさんの人々の手を経て作られるチョコレート。
そして、想いをこめて大切な人へと届けられるチョコレート。
どうか想いをつなぐお手伝いができますように…。 みんなのなかに熱い想いが育まれました。


銀座三越


JR名古屋タカシマヤ


うめだ阪急


神戸大丸


京都タカシマヤ

 

バレンタイン勉強会とタイアップした、第二回『素材会議』。
チョコレートの世界はとても深いため、まだまだ学ぶことはたくさん…!
でも、たくさんの関心がチョコレートに集まる時期だからこそ、精一杯、魅力をお伝えできればと思います。

お客様とわたしたち、お菓子と素材をまんなかに、新たな価値を共有していければと思います。
たねやグループは、『素材会議』を通して、
“素材を大切にするわたしたち”の真剣なこだわりを発信していきます。

“おかしのたね”トップへ戻る