迎春 菱はなびら

平安時代に由来ある祝菓子。

押鮎に見立てた牛蒡と味噌餡を、
滋賀羽二重糯を使ったお餅で
包みました。
菱はなびら ひしはなびら
販売期間
12月29日〜1月初旬
価格(税込)
【3個入】 1,080円 / 【6個入】 2,160円
熱量
132kcal(1個52g当たり)
アレルギー
卵・大豆
日保ち
4日
ご購入について
店舗・通販で販売いたします。

新春をいろどる祝い菓子

菱葩(ひしはなびら)は古くから伝わる新年の祝いのかたち。
薄くのばした白餅で赤く染めた菱餅や牛蒡、味噌をつつむのは平安時代の祝い膳に由来すると伝えられます。

たねやの菱はなびらに使うのは、地元近江の滋賀羽二重糯米。
丸くのばしたお餅で、古代米のひとつ”赤米”を使った菱餅とやわらかく煮た牛蒡、味噌餡をつつみました。
お餅からのぞく薄紅色も晴れやかな祝い菓子です。

歳時について

四季折々の行事「歳事」。暮らしの一部として根付く歳事は遠い昔から和菓子とふかい結びつきがありました。「暮らしとお菓子」では、歳事とそれにちなむたねやのお菓子をご紹介いたします。

ページトップ