星あかり

さらさらと笹の葉ゆれる七夕に寄せた節供菓子。ふっくら炊きあげた小豆と、酸味と苦味のバランスがほどよい日向夏を葛餅にあわせ、青笹で包みました。
星あかり
販売期間
7月1日〜7日
価格(税込)
【5本入(小豆3個、日向夏2個)】972円
熱量
【小豆】53kcal(1個25g当たり)
【日向夏】44kcal(1個25g当たり)
日保ち
2日
ご購入について
店舗で販売いたします。

星合の空におもいを寄せ

天の川のほとりでひときわ輝く織女(しゅくじょ)と牽牛(けんぎゅう)の二つ星。
年に一度、七月七日の夜にだけ二人がめぐりあえるという伝承は、はるかむかし中国から伝えられ、多くの人に親しまれてきたもの。七夕にはこうした物語とともに、さまざまな風習も行われてきました。竹や笹に短冊を結び、星に願いを託すのもそのひとつ。

瑞々しい青笹で包む「星あかり」は星のきらめく七夕におもいを寄せた節供菓子。
口あたりもつるりと涼しい葛餅に、ふっくら炊きあげた北海道小豆と、酸味と苦味のバランスがほどよい日向夏をあわせました。ほのかな笹の香りとともにお楽しみください。

歳時について

四季折々の行事「歳事」。暮らしの一部として根付く歳事は遠い昔から和菓子とふかい結びつきがありました。「暮らしとお菓子」では、歳事とそれにちなむたねやのお菓子をご紹介いたします。

ページトップ