彦根藩湖東焼 たねや美濠美術館

歴史を刻む湖東焼

江戸後期から明治中頃までの約70年間に光彩を放った「湖東焼」。
金襴、赤絵金彩、色絵、染付、青磁のほか、九谷焼や伊万里焼の写しなど、多彩かつ華麗な品々がございます。

湖東焼と彦根藩井伊家は切っても切り離せない関係にあり、その造形の深さや独特の風合いには、彦根の歴史そのものが映し出されています。
激動の時代の波に呑み込まれてあちこちに散在している湖東焼を、ゆかりあるふるさと彦根の地で現代に残し伝えたいと、2003年9月「たねや美濠美術館」を開館いたしました。
湖東焼は、彦根の宝。より多くの方にご覧いただきたいと願っております。

 

特集陳列のご紹介

たねや美濠美術館では、年に数回、展示替えを行っております。
湖東焼の歴史を彩る名工の逸品を、どうぞご覧ください。

テーマ 「湖東焼 幕末の華やかな器」
期間

2019 年1月25日(金)〜 2019 年5月下旬(予定)

※1月23日(水)、24日(木)の期間は展示替えのため、休館させていただきます。
注目作品 「直亮公時代 染付双竜図 薄端形花器 一対」
(なおあきこうじだい そめつけそうりゅうず うすばたかたかき いっつい)
作品について

この花生は形を青銅製の薄端形花器から、構図を中国・明時代の染付図から取り入れています。直亮公時代は窯が絹屋から藩に移ったばかりで京都や瀬戸、九谷から技術を写すため多くの職人が集められました。
彼らの手により藩窯としての高い品質をめざし製作された作品と思われます。

原料に国内外の良品を求め、威厳と豪華さが見事に再現されましたが片方には大きな窯傷が入ってしまっています。おそらく薄端の形からくる負担が焼成時に出たのでしょう。しかし、割り捨てるには忍びないとされたのか大切に傷を継ぎ、蔵に収納されていた名品です。

作品展示数 53点
営業時間 10:00〜17:00
休館日 : 不定休 (年末年始および展示替え期間中)
※ご希望の方には、担当・杉岡が湖東焼について詳しくご説明いたします。(土・日・祝日のみ)
入館料 税込500円
プレスリリース この展示のプレスリリース [PDF]

次回の特集陳列のご紹介

テーマ 「湖東焼 彦根で生まれた優雅なやきもの」
期間 2019年5月29日(水)〜2019年9月下旬(予定)
注目作品  : 

「直弼公時代 萬暦赤絵写香炉」
(なおすけこうじだい ばんれきあかえうつしこうろ)

彦根美濠の舎

ページトップ

滋賀店

東京店

神奈川店

愛知店

京都店

大阪店

神戸店

奈良店

福岡店

店舗一覧