Loading...

お知らせお知らせ

比叡山延暦寺限定 叡山 ふくみ天平のご案内

「叡山(えいざん) ふくみ天平」は比叡山延暦寺より御⽤命を賜り、作りあげたお菓子です。 天台宗の開祖・最澄とお茶の繋がりにちなみ、代表銘菓の「ふくみ天平」に茶葉をくわえた手づくり最中。粒餡で包む滋賀羽二重糯のお餅と最中種に細かく砕いた茶葉を入れ、茶葉をまるごと味わっていただけるよう仕上げています。


天台宗の総本山 比叡山延暦寺

比叡山延暦寺は京都府と滋賀県にまたがる比叡山を境内に100を超す堂宇(どうう)が点在する天台宗の総本山です。延暦7年(788年)に最澄が創建した一乗止観院(いちじょうしかんいん)をはじまりとし、1200年以上の長きにわたり最澄の法灯と教えを真摯に守り継いでいます。

左:金銅宝相華唐草文経箱(こんどうほうそうげからくさもんきょうばこ)、右:箱天面より

パッケージについて

パッケージは比叡山延暦寺所蔵の国宝「金銅宝相華唐草文経箱(こんどうほうそうげからくさもんきょうばこ)」をモチーフにしています。 蓋中央の「照于一隅」は第258世天台座主大樹孝啓(てんだいざすおおきこうけい)大僧正によるもので、最澄が記した『山家学生式(さんげがくしょうしき)』冒頭の言葉です。「一隅(いちぐう)を照らす、此れ則(すなわち)国宝なり」は、自分が置かれた場所で精一杯努力し、周りを照らせる人こそ国の宝であるという意味です。

京阪石坂線坂本駅近くにある「日吉茶園」。広さ100㎡ほどに茶木20本余りが植えられている。

最澄とお茶の繋がり

比叡山の東麓にお茶の種が植えられたのは延暦24年(805年)のこと。最澄(伝教大師)が中国より種を持ち帰ったとされる日本最古といわれる日吉茶園にて守られたお茶。この由緒ある木を譲り受け、滋賀県甲賀市土山町で栽培された茶葉をお菓子に使用しています。


比叡山延暦寺限定販売
叡山 ふくみ天平

【 販売価格 】6個入 1,800円(税込)
【 日保ち 】23日間
【 販売期間 】9月23日~11月下旬

販売場所

※たねや店舗・通信販売では販売の予定はございません。

比叡山延暦寺 一隅会館(9月23日~25日)比叡山 延暦寺会館(9月26日~11月下旬)

販売については各所にお問い合わせください。

リンク