カレンダー

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
メインショップ〈草屋根〉, 本社〈銅屋根〉, たねや農藝 | 2018/04/13  09:34
Text : 望田朝美(広報室)

天候に恵まれた3月29日。
たねやグループの企業内保育園「おにぎり保育園」を3月に卒園し、4月から小学校へ入学する子ども達3人の思い出づくり『おわかれ遠足』を今年も行いました。

働くお母さんたちの、わが子を思いやる心の目が十分に届く所で、安心して働くことができ、わが子を托せる保育園。そんな願いのもとに設立されたのが、「おにぎり保育園」です。

従業員のうち女性が約7割を占めるたねやグループ。
子どもをもつ親が職場の近くに安心して預けられる環境をつくること、そしてこれからは『子育て支援は企業の責任』ととらえ山本德次社長(現名誉会長)が2004年10月に企業内保育園を開園しました。
母親が手塩にかけてつくるおにぎりのように人のぬくもりを感じられる場所であるようにという思いから「おにぎり保育園」と名付けられました。

愛知川製造本部内にあるおにぎり保育園から電車とバスを乗り継いで、ラ コリーナ近江八幡に到着した子ども達。

ラ コリーナの門の前で到着のポーズ!
雲ひとつない空の下、楽しみにしていた気持ちが子ども達の足取りを軽くしていました。
メインショップに向かう途中の『柿笠』から仲良し3人の可愛い顔がひょっこり。

メインショップを抜けた先に、待っていたのは・・・

“おじいちゃん”のような存在の德次会長!
素敵なサプライズに応えるように、子ども達は元気良く挨拶をしました。
「今までありがとうございました!私たちは元気な1年生になります!」
德次おじいちゃんはにっこりと微笑みながら子ども達の頭を撫でてくれました。

田んぼの横道を通って銅屋根の本社へ。

本社の入り口をドキドキしながら開けると、「わぁ」と声があがりました。
緑いっぱいの場所から、白い壁に覆われた広いエントランスへ。さっき居た場所とは違う空間に子ども達は少し緊張気味。

本社エントランスにある苔山の前で記念写真を撮りました。

いよいよ、本社の中に入ります。
初めて見る細長い扉をそーっと開ける子ども達は、まるで不思議な世界に入るような姿に見えました。

中に入ると本社を案内してくれる、ラ コリーナツアー担当の藤井玲奈さんが待ってくれていました。

本社には興味をそそるものばかり!
壁一面に並ぶお菓子のサンプルに驚く子ども達。
「ホワイトバーム好き!」「あっ、バームサブレや」の声が飛び交いました。

次に向かった先は子ども達が楽しみにしていた、展望室!
高いところから見る景色に子ども達は、「わぁー」と喜びに溢れていました。

德次おじいちゃんと手をつなぎ、たねや農藝に向かいます。
本社を案内してくれた藤井玲奈さんとここでお別れ。ずっと手を振って見送ってくれました。

たねや農藝に到着し、ここで2個目のサプライズ!
なんと、德次おじいちゃんと一緒にお昼ごはんを食べることに。
お母さんが握ってくれたおにぎりを、子ども達は美味しそうに食べていました。

ごちそうさまをした後は、敷地内で四つ葉のクローバー探しに行きました。
「クローバーあるかな?あっ!カエル!」
カエルを見つけて追いかけたりと楽しい時間を過ごしました。

「植樹始めるよー!」の声に勢い良く駆け寄る子ども達。
先生役は愛四季苑の木澤園長と川添さん。
「よろしくおねがいします!」と大きな声で挨拶をし、植樹の場所へ向かいました。

子ども達が植えるのは15本の『栗の木』。
栗の苗木を持って斜面を勢い良く駆け上り、一生懸命植樹する場所を探し回ります。
固い土に苦戦しながらみんなで力を合わせてスコップで穴を掘り、苗木を植えました。

15本全て植え終えた後、大きく育つよう願いを込めて『大きな栗の木の下で』を歌いました。

植樹を終えた後、子ども達が楽しみにしていたメインショップでのお買い物。
春休みでたくさんのお客様がいらっしゃる中、行列に並ぶ子ども達は少し緊張気味。
いよいよ順番がまわってきました。
「バームソフトください!」
注文も、お金を払うのも一人でできた子ども達。スタッフから商品を受け取った姿は自信たっぷりに見えました。

メインショップ正面玄関の椅子に座って「いただきまーす!」。

楽しい時間もあっという間。おにぎり保育園に戻る時間になりました。
バス停の前でこちらに向かって手を大きく振って「ばいばーい」と言ってくれました。

みんなで過ごした大切な思い出を胸に、これから沢山のことに挑戦してください。

植樹した栗の苗木が大地にしっかりと根を張りみのり豊かな森となるように。
さまざまな出会いや経験が子ども達の健やかな成長へつながりますように。


メインショップ〈草屋根〉, たねや農藝, ランドスケープ | 2018/03/27  14:30
Text : 國領美歩(広報室)

あたたかい日がつづき春を感じる今日この頃。草花の目覚めも続々と、変化の日々を迎えています。
春休みもスタートし、連日たくさんのお客さまにお越しいただいているラ コリーナ近江八幡ですが、最近、こんな質問をいただくことが増えてきました。

「ラ コリーナの屋根は、もう緑色になってきましたか?」

そのお答えは、こちら!

メインショップの草屋根。実はまだ、茶色い状態なんです。
少し近づいてみると…

気づいていただけましたか?屋根の先端にすこーしだけ、濃い緑色が!
さらに、近づいてみると…

そうなんです!ようやく、新芽が芽吹いてきたばかり。
これから少しずつ新芽が広がり、全体が青々としたグリーンに変わっていくはずです。
芝は、気温が下がる冬のあいだ成長を止め、根に近い部分に日光が行き渡るよう刈り込む必要があります。
そして、冬から春にかけてお日さまを浴びて溜め込んだ養分を使い、気温の上昇とともに新芽を出します。

ラ コリーナのオープンから4年目の春を迎え、例年の様子から芝全体が緑になるのは6月頃、フサフサの芝が見られるのは8月頃からだと思われます。ただ、その年の気候に大きく左右されることも。
みなさま、どうぞお楽しみに。そして、芝の成長をあたたかく見守っていただけると幸いです!


また、ラ コリーナには昨年に続いて「ヨシの丸立て」が登場しました!

このヨシは、先月上旬、ラ コリーナ近くの西の湖(近江八幡市白王町・権座)で行われた「たねやグループ・ヨシ刈りワークショップ」で刈り取ったもので、35000本にもなります。

丸立てとは、刈り取ったヨシを天日干しにして乾燥させるための昔からの方法で、最近でも西の湖周辺などで見かけることがあります。
先日、たねや農藝スタッフによって、ラ コリーナの敷地の奥の土塔の近くにも一つ制作されました。

つくり方はとってもシンプル。ヨシを縄で束ねて立てかけるだけで、中は空洞になっています。

ヨシの丸立ては、梅雨前頃まで展示する予定です。
また、このヨシは今秋ラ コリーナで開催の「たいまつフェス」でも松明制作に使い、最後は土に還します。

ラ コリーナでは、いろいろな“春”を感じることができます!
ぜひ“春”を探しにみなさまでお越しください。


クラブハリエ | 2018/03/19  10:37
Text : 広報室

2月20日、「ジャパン コーヒー イン グッド スピリッツ チャンピオンシップ(JCIGSC)2018」の決勝大会で近江八幡市にあるクラブハリエ日牟禮カフェの副店長 圖師 聡(ずし あきら)バリスタが優勝しました!
この大会は、コーヒーにスピリッツ(お酒)などを加えてつくるオリジナルコーヒーカクテルの味や技術を競うもの。圖師は、11月にブラジルで開かれる世界大会「ワールド コーヒー イン グッド スピリッツ チャンピオンシップ2018」に日本代表として出場します。みなさまの応援、よろしくお願いします!

会場の東京ビッグサイトでは、同時にラテアートの大会も行われるなか、JCIGSCには予選を勝ち抜いたバリスタ6人が出場。たくさんの観客が見守るなか、競技がスタートしました。
今年は制限時間10分以内に2種のドリンクを仕上げ、複数の審査員が採点します。

まずは、「デザイナードリンク」と呼ばれるコーヒーとお酒を使ったオリジナルの作品から。
圖師は、華やかな香りがするコスタリカ産のコーヒーにライチ果肉を漬け込んだウォッカ、ポートワイン、他にも和三盆糖とレンゲ蜂蜜のシロップなどを使い、最後にドライアイスを加えてグラスの中に薄い霞がかかったような見た目も驚きのある作品に仕上げました。
フルーツやバラのような爽やかな香りが何段階にも分かれて感じられる、新しいコーヒーを提案しました。

限られた時間のなか、もう一種つくるのは「アイリッシュコーヒー」です。

みなさんは「アイリッシュコーヒー」というドリンクをご存知ですか?
コーヒー、ウィスキー、シュガー、クリームで構成するアイルランド発祥の伝統的なコーヒーカクテルで、
コーヒーとクリームの割合、フレーバーとなるその他の材料とのバランスにバリスタの腕が試されます。

競技者はプレゼンテーションをしながら、この2種のコーヒードリンクを制限時間10分でつくらなければなりません。バリスタを取り囲むように近くで評価する審査員の表情は真剣そのもの。
ドリンクの味や見た目だけでなく、基本となるコーヒー抽出のテクニック、衛生面、プロフェッショナルなパフォーマンスなど細かく採点します。

プレゼンテーションを通して、いかに説得力をもって自分のドリンクをアピールできるか、そのスマートに“魅せる”要素も評価のひとつです。
前回大会の日本チャンピオンをはじめ、他の選手の作品、パフォーマンスも華やかで驚きがあり、とても見応えがありました。細部にまでこだわり、カカオの形をした器をつかった作品も。
一方で圖師は、シンプルに、コーヒー本来のおいしさを引き出したドリンクを提案したいという強い思いが感じられました。

緊張の表彰式。圖師は見事、優勝をいただくことができました。堪えられない涙があふれていました。撮影していた私も思わず一緒に泣いてしまうほど、とても嬉しい瞬間でした。

大会前には、万全の状態で臨むため、カフェ閉店後に遅くまで練習に励む姿がありました。

日牟禮カフェがあるクラブハリエ日牟禮館には、多くのパティシエが所属し国内外の製菓コンテストで結果を残しています。仕事終えた後、日々練習に励む仲間たちの姿は、圖師にとっても大きなモチベーションになっています。
職人として一つの道を極めるなかで、「常に高いレベルを目指す」というのは、お菓子のおいても、コーヒーにおいても同じです。本人のやる気と努力次第では、世界を舞台に挑戦する風土がここにはあります。

また、練習時に飲ませてもらった2種のコーヒーカクテルは、とても美味しく、“新しいコーヒーの可能性”を感じました。特に世界では広く楽しまれているという「アイリッシュコーヒー」は、クリームと一緒に口に含むと、ウィスキーの風味と相まってまろやかで大人の味。ついつい飲みすぎてしまうほどでした!

大会を終え、世界大会への切符を手にした圖師は、
「この大会に出場することに協力してくれた会社の仲間や上司、そして、トレーニングからすべてのケアに携わっていただいたDCS様、さらには今までお世話になった方々への感謝の気持ちと、今までの自分を信じて、世界一に向けて精進してまいります」と決意を新たにしています。

日牟禮カフェではこの春、大会で提供した2種のドリンクを期間限定でお出しする予定です。
圖師が淹れるコーヒーカクテルを、ぜひ一度、味わってみてください!

 

※大会を主催する日本スペシャリティーコーヒー協会公式Webサイトはこちら


たねや農藝 | 2018/03/14  11:06
Text : 國領美歩(広報室)

ラ コリーナ近江八幡の春を、全国のみなさまへ…
日中に差すあたたかなお日様に、少しずつ春の訪れが近づいていることを感じる今日この頃。
ラ コリーナではいち早く目覚め、美しい開花をはじめる植物たちに出会えるようになってきました。
厳しい寒さにキュッと身をすぼめている蕾がほころぶもの間近かもしれません。

たねやグループでは、滋賀県内の店舗はもちろん、東京や大阪など各地の百貨店に出店しているたねやのお店にも「近江の山野草」を毎週お届けしています。
その季節の草花を、丁寧に寄せ植えするのはグループの農業部門たねや農藝「愛四季苑(はしきえん)」。
年間約500種類の山野草を育てる愛四季苑では、ちょうど各店に送る寄せ植えの準備真っ最中。
作業を行う工房棟を訪ねました。

まず、鮮やかな表情で迎えてくれたのが「ミヤマサクラソウ」。桜の花びらに似ていることから名付けられたそうで、明るい紫色がとても綺麗です。

裏を見ると実は花びらが2重になり、とても繊細な姿をしているのがわかります。

たねや神戸そごう店に届ける鉢に、まだ蕾がちな「ヒュウガミズキ」とともに。

「ヒュウガミズキ」は黄色い小花がとてもキュートです。

日本橋三越のたねやには、こちら。

みなさん見たことありませんか?
この「ムラサキハナナ」は、同じアブラナ科でおなじみの黄色い花を咲かせる菜の花とよく似ています。

他にも、ピンクのひらひらとした花びらを持つ「姫イワウチワ」は、本当にお姫様のように可憐な雰囲気をまとっています。葉っぱがうちわのような形をしていることから、この名前がついたとか。

私も好きな「ボケ」は、花を咲かせるまでもう少しかかりそうですね。

毎週約25店へ60〜70鉢ほどの寄せ植えを、ここラ コリーナから送り出しています。
満開の赤い花を咲かせている「トキワマンサク」は、よーく見るととても特徴的な花びらをしています。

近江八幡に春の訪れを知らせるお祭りとして、今週末に開催される伝統ある火祭り「左義長まつり」の赤紙にとても良く似ています!

ひとつひとつ丁寧に心を込めて。
ここ愛四季苑には、名前の通り四季を愛する心、草花を愛する思いがあふれています。
たねやのお店にお立ち寄りいただいた際には、ぜひそんな愛情いっぱいの山野草にも少し目を留めていただき、四季を感じていただけると幸いです。
「たねやのお菓子にそっと寄り添う山野草を、私たちがお届けします!」


たねや農藝内の路地には、まだまだ冷たい風が吹いています。
ようやく新芽が顔を出した「ヨモギ」や花を咲かせる前の「バイモユリ」もどこか寒そうな様子。

もう少し春が近づいたら、次はまた本格的な春の訪れをお伝えできたらと思います。

 

※愛四季苑に関する過去の記事もあわせてご覧ください。
愛情たっぷり、愛四季苑
息づく山野草


ワークショップ, 地域 | 2018/03/09  11:37
Text : 高橋沙織(社会部)

2月上旬、たねやグループでヨシ刈りのワークショップを行いました。
従業員のほか成安造形大学と京都大学の学生さん、地元白王町のみなさん、近江八幡まちづくり会社まっせのスタッフも一緒に、総勢80人で実施しました。

今回は、ラ コリーナ近江八幡から車で5分ほどの、南権座(ごんざ)のヨシを刈らせていただきました。
「権座」とは、琵琶湖の内湖・西の湖に浮かぶ飛び地。周囲を水に囲まれた農地で、豊かな水辺の生態系が残っています。

天候は、気持ちの良い晴天!まだ厳しい冬の冷たさが残る風はあるものの、無事実施することができました。
実は数日前から天気予報を何度も見ながら、実施できるのか、延期なのか…と心配していました。
前日まで続いた寒波の予報。当日の朝を迎えるまでドキドキでした。

集合場所からは白王町の方に船を出していただき、岸から権座まで約5分、湖面を渡って陸に向かいました。
船に乗り込む時も、バランスを考えながら腰を落として乗船。一度に20人ほどが乗せていただき出発です!普段はあまり乗る機会がない船上で、みなさんワクワクした様子でした!

琵琶湖やその周辺の水辺に多く自生するヨシは、浄化作用で琵琶湖の水をきれいにしたり、魚や鳥など生き物の住みかになったりと、琵琶湖をとりまく自然の生態系の中でとても多くの働きを担っています。
そのヨシの群生を守るためには、人の手で毎年冬にヨシを刈り、刈り跡一面を燃やして新たな芽が出る準備を促す「ヨシ刈り」がとても重要です。古くから水辺の近くに住む地元の方々が行ってきたヨシ刈りですが、近年は人手不足などで管理が行き届かないところもあると聞きます。
私たちたねやグループは、そんな美しいヨシ原を守るために以前から活動しており、3年前、ラ コリーナから近くのヨシ地へヨシ刈りに向かうようになりました。

また、ラ コリーナで秋に開催している「たいまつフェス」では、近江八幡各町の方々にヨシを使って伝統の松明をつくっていただいたり、ワークショップの材料としても、このヨシを使わせていただいています。

私たちは、近江の人々の生活のなかで身近だったヨシを、ラ コリーナを訪れてくださる多くのみなさまに知っていただきたい、触れていただきたいという願いも持っています。
そこで、太くて4メートルを超えるヨシは、選別してラ コリーナに持ち帰らせていただきます。

今回は初めての参加者も多く、いざ作業を始めるも、なかなか思い描いていたようにはかどりませんでした。
途中で機械を使ってヨシを刈る人と、収集する人役割を分担しすることにしました。白王町の方や従業員のなかでも経験のある人にアドバイスをいただきながら、みんなで協力して作業を進めました。

白王町の方はさすがの慣れた手つきでテキパキとサポートしてくださいました。ありがとうございました!

私は仕事のなかでワークショップの運営などを担当することが多いのですが、今回の80人の参加者は、私が今までに経験させていただいた中では最大人数でした。当日の役割分担やタイムスケジュールなど、何度も話し合い、事前に下見もさせていただくなど、白王町の方にもとてもお世話になりました。

なにより、みなさんに大きなケガもなく楽しく出来たことが良かったです。後日、
「いつの間にか鎌を持って刈るのに夢中で、また参加したいと思いました」という嬉しい言葉もありました。

今までのヨシ刈りワークショップは参加者という立場でしたが、今回は運営・サポートする立場となり、イキイキと活動するみなさんの安全と笑顔が何よりのエネルギーとなりました。

協力してくださった地域の方や会社のスタッフのサポートがあってこそ実施できたと実感しています。
今後も一人でも多くヨシ刈りに参加することで、自然を守り継いでいくことの大変さや素晴らしさ、地域の皆さんとの関わりなど、普段の業務では経験できない学びを得て、これからに生かしていけたらと思います。

この春には、大切に持ち帰らせていただいたヨシをつかって、ラ コリーナ敷地内に丸立てをつくる計画もしています。ラ コリーナにお越しいただいた際には、ぜひご覧になってください!

※ヨシ刈りに関する過去の記事はこちら
美しいヨシ原を守るために
ヨシの丸立てワークショップ


ページトップ