カレンダー

2015年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
みんなで田植え!(下)
たねや農藝 | 2015/06/10  09:02
Text : 讃岐和幸(たねや農藝 北之庄菜園 園長)

5月下旬、迎えた田植えの日。

tCIMG8850

今まで準備してきたこともあって不安はなく、むしろ楽しさを感じていました。2日間にわたり、普段お菓子の製造や販売を行う従業員約80人が集まりました。共同研究を行う京都大学や立命館大学、成安造形大学から10名ほどの学生さんも参加して頂けました。

tDSC_2564

tDSC_2528

「来るまでは面倒に感じている部分もあったけど、やってみると意外と楽しい」とか、素足で田んぼに入って「土の感触が気持ちいい」という声が聞こえてきました。

tDSC_2580

「何という品種を植えるの?」「収穫も手作業なの?」と色んな質問もあがりました。

tDSC_2648

お菓子の材料のほとんどは農産物です。

tCIMG8677

良い農産物がなければ良いお菓子も作れません。農家さんあってのたねやなので、農家さんのご苦労の一端を体験できるという意味で良い従業員教育にも繋がります。

tDSC_2789

tDSC_0758

田植え作業自体は、とても順調で予定時間よりも早く終わり、苗がきれいに植わりました。
反省点もありますが、初めてにしては合格点だと自分では感じています。

tCIMG8873

田植えの日を迎えるまでは不安もありました。私の家は兼業農家なので稲をどう育てるのか大体のことは分かっていましたが、大きな田んぼを手で植えるなんて考えたこともなかったのです。

tDSC_2946

しかし、「人数の力」「場の力」ってすごいなと思いました。

tDSC_2689

素早く植える人もいれば、ゆっくり丁寧に植える人もいる。人には個性があって、その「個」が一つになって力を合わせると、大きなことを成し遂げられる。結果、稲の列が少しくらい曲がっていても良いのです。それが、機械でなく「人の手」で植えるということなのですから。

tDSC_2915

tCIMG8664

多くの参加者だったので、昼食の炊き出しもお願いしたところ、バーム工場のスタッフがカレーを作って下さいました。

tDSC_2704

tDSC_2762

みんなで食べるカレーは本当に美味しかったです。

tDSC_2728

分からないことを教えてくださったり、木枠や土に線を引けるトンボのような器具などの事前準備をしてくれたりした農藝のスタッフには特に感謝をしています。

tDSC_0819

今後は、近隣の農家のみなさんにもお話しを聞きながら、一緒に参加していただけるような関係づくりもして行けたらと考えています。

tDSC_2976

後日、社内保育園「おにぎり保育園」の園児10人も元気いっぱいに田植えをしました。

tDSC_3651

初めての泥の感触に歓声を上げながらも、「稲の赤ちゃん」を小さな手で大事に大事に植えてくれました。

tDSC_3717

tDSC_3556

ラ コリーナ近江八幡での稲作りは始まったばかりです。これからは、田んぼを毎日観察し「稲が何をほしがっているのか」を見極めていきます。農薬を全く使っていないため、稲が元気に育つのと平行して雑草もどんどん生えてくるので、除草作業に追われる日々が続きます。

tCIMG8783

tDSC_0020

梅雨の終わり頃には、稲が育って田んぼ一面に綺麗な緑色が広がるように。秋には黄金色の穂がたわわと実るように。そんな風景を思い浮かべ、これからも頑張って行きます。

 

tDSC_2990

 

※「みんなで田植え!(上)」はこちら


ページトップ