カレンダー

2015年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
たくさんの命が集う場所(6月)
メインショップ〈草屋根〉, たねや農藝, ランドスケープ | 2015/06/30  15:14
Text : 國領美歩(広報室)

田んぼの稲が日に日に青さを増した6月。
田植えから、約1ヶ月半が過ぎました。

tDSC_4115

tDSCF7691

力強い太陽の光と恵の雨はラ コリーナ近江八幡にもたっぷりと降り注ぎ、よりいっそう生き物たちの気配を色濃く感じるようになってきました。

tDSCF7668

先月から姿を見かけるようになったカルガモも、すっかりラ コリーナ近江八幡の自然に溶け込んでいます。

tDSC_0119

tDSC_9860

水田を気持ち良さそうに泳いだり、あぜ道をウロウロ歩く姿があまりにも愛らしく、敬意を込めて愛称をつけさせてもらいました。メインショップ「草屋根」にちなみ、イタリア語で「草」を意味する「エルバ」と「屋根」を意味する「テット」。
田んぼの周りをあちこち動き回る姿がラ コリーナ近江八幡の環境や生き物を調査してくれているように見えるので、「ラ コリーナ調査隊」の隊長と副隊長というお役目もお願いしました。

「テット隊長」と「エルバ副隊長」です。

tDSC_0087


田んぼのあぜ道にしゃがんで水面にじっと目をこらすと、いました!オタマジャクシ。

tDSC_5846

しばらくすると手足が生え、数ヶ月後には子ガエルとなって、ぴょこぴょこと飛び回ることでしょう。

tDSC_3888

たねや農藝工房棟の近くのコナラの木には、今年もコクワガタがやって来てくれました。
二股に分かれた幹の奥にひそんでいます。

tDSC_3979

tDSC_3874

クワガタが住むこのコナラの木。秋にはたくさんのどんぐりを落とし、また次の世代に命をつなぎます。

tDSC_3961

tDSC_3950

工房棟にはツバメのつがいが巣をつくり、小さなひなが顔を出すようになりました。
ピヨピヨという可愛らしい鳴き声には、スタッフも思わずにっこり。無事に巣立つ日まで、そっと見守って行きます。

tDSC_6984

tDSC_6982


みなさまをお迎えするメインショップのアプローチ一面に植えられた「おかめ笹」。

tDSC_5773

社内では「なかなか大きくならないなぁ」という心配の声も上がりましたが、大丈夫。
しっかりと新芽を出してくれました。

tDSC_5795

tDSC_5788

訪れるたびに新たな発見があり、驚くことばかり。自然は思っている以上に速いスピードで変化しています。
ラ コリーナ近江八幡にいらした際は、「あれ?この前来たときとは違う!?」という新鮮な気づきを得ていただける、そんな場になってほしいと思います。

 

※たくさんの命が集う場所(5月)はこちら


ページトップ