カレンダー

2015年10月
« 9月   11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
樹齢250年のご神木、シンボルツリー
本社〈銅屋根〉, ランドスケープ | 2015/10/02  09:35
Text : 田中朝子(広報部)

「八幡山と向こうに見える山の間、この場所から見るのが一番ええなぁ。」
敷地全体の造園でご協力いただいている、地元の門野造園さん。会長の門野 照さんが目を細めて笑顔でそう語られました。

その目の先に見えているもの、それは9月16日、メインショップ裏手に建築中〈銅屋根〉の一角に移植したクスノキのシンボルツリー。

20151001_image1

メインショップを正面に、右側に高くそびえています。

20151001_image2

一年前からこの敷地内で養生させ、この日を今か今かと待ちわびながら、いよいよその日がきました。
クスノキ高さ13メートル、重さは何と23トン!
このような大木を移植したり扱うことは、50年に一度あるかないか、一生に一度あるかないか、だそうです。

20151001_image3

養生させていた場所から直線でわずか30mほどの移動距離ですが前日からとても大掛かりな作業になりました。養生していた周囲の土を取り除き、できるだけ木に負担をかけないように。

20151001_image4

20151001_image5

また、木の幹が折れたり傷つかないように吊り下げるロープをつけるのも細心の注意を払います。

20151001_image6

木の向きも容易に回転できないため、綿密な計画のもと一つ一つの動きを丁寧に確認しながら作業が進みます。

20151001_image7

枝が折れないように、根が傷まないようにトラックに立てたまま乗せ、トラックごと倒れたりしないようにスピードもゆっくりと慎重に、田んぼをぐるりと一周。ゆっくり、ゆっくり・・・

20151001_image8

20151001_image9

降ろされる場所まで少しずつ近づいてくる様子は、思わず息を呑む、ダイナミックな光景でした。

門野造園さんを中心に、周りのスタッフも見守りながら厳しい指示が飛び交う中、クレーンで吊るされ、無事に定位置へ。

20151001_image10

20151001_image11

20151001_image12

根が下ろされるその直前には門野会長自らが前日に準備いただいたお酒で根元を清め、スルメを土に混ぜながら、おまじないをしていただきました。

20151001_image13

「特別な木には、お酒とスルメを準備するんや。おまじないやな。気分的なもんやけどなぁ・・・。クレーンの足元やトラックにも無事に作業が終われるように清めてーー」と会長さん。

20151001_image14

20151001_image15

シンボルツリーに力強い息が吹き込まれ、新しい歴史が刻まれた瞬間でした。


一段高い場所に、とても誇らしく、堂々とした姿に周囲の緊張感が一気に和らぎ、笑顔があふれました。躍動感があり、とても親しみの持てる、そんなシンボルツリー。

20151001_image16

「ようやく嫁がせられた。嫁に出した気持ちやなぁ」会長さんからの一言がとても印象的でした。

20151001_image17

しっかりとこの地に根付き、50年、100年、200年・・・私たちが見ることのできない未来を静かにじっと見守り続けてくれる、包み込むようなとても大きな存在となりました。

(撮影:関宙明/ミスター・ユニバース)

ところで、実はこのシンボルツリーにはとても深い歴史があります。
次回は、この歴史と合わせてとても素敵な秘話をお伝えしたいと思います。


ページトップ