Loading...
  1. トップ
  2. 西の湖でカヌー教室

ラ コリーナ日誌

西の湖でカヌー教室

Text : 小梶孝行(たねや所属アスリート/カヌー)

  • #サステナビリティ
  • #イベント
  • #地域

みなさん、こんにちは! 私はたねやに所属しながら、2020年の東京オリンピック出場を目指すカヌー競技(カヌースプリント カナディアン)の小梶孝行といいます。今回は先月、西の湖で開催されたカヌーの1日体験教室についてお伝えしつつ、カヌーの魅力や私自身のことについても少しお話しさせていただければと思います。 近江八幡市の主催で毎年開催されているカヌー教室。私は毎年、講師として参加させていただいています。 みなさんはカヌーに乗られたことはありますか? 湖や川など豊かな水環境に恵まれた滋賀においても、乗ったことがない方も多いので、より広くカヌーは楽しいスポーツということを知っていただき、自然と触れ合って楽しんでいただく機会になればと思っています。 会場の近江八幡市安土B&G海洋センターは、琵琶湖最大の内湖・西の湖のほとりにあり、日頃私が練習させていただいている場所でもあります。この日はお子さんから大人の方まで大勢集まってくださいました。 ともに練習をしている八日市南高校と八幡商業高校カヌー部の高校生も前に、まずは講話をさせていただきました。真剣に聞いてくださるみなさんの表情に少し緊張しましたが、後輩でもある奥田翔悟選手(カヌースラローム/ワイルドウォーター)や中村由萌選手(カヌースプリント カヤック)も一緒に、競技に対する思いをお話ししました。 講話のあとは、いよいよ外に出てカヌー体験です!! 外は快晴!気温も高く、絶好のカヌー日和となりました。まずは、パドルの使い方を練習します。 カヌーの乗り方も丁寧に指導させていただきました。 指導をする上で第一に気をつけたことは、怪我や熱中症などの安全面です。安全に水に親しんでもらわないと、もしかしたら怖くてもうカヌーに乗りたくないと感じる子がいるかもしれません。それでは残念ですし、水は楽しい反面、溺れると死につながってしまう危険な面もあるので、安心して安全にカヌーに乗ってもらえるよう常に気を配っていました。 カヌーは自然のなかで行うスポーツなので、見える景色は格別です。 普段、岸から湖を見ることはあると思いますが、湖の中から陸を見ることはめったにないと思います。 水面もすごく近いので、水と触れ合いながら体感する風景は、カヌーの大きな魅力です。 また、カヌーは自分が頑張ってこげばこぐほど早く進み、スピードも風も感じられるので、自分の努力次第で何かが変わるということを感じてもらえたらいいなと思います。一生懸命打ち込むことで自分の価値観・世界観を築いてもらえたら、すごく良いと思います。 デモンストレーションとして、競技の様子に近い簡易的なレースも披露させていただきました。 カヌー競技の中でも私が取り組むのは「カヌースプリント カナディアン」といって、複数の艇が一斉にスタートしてレーンを進み、着順を競うものです。片膝立ちになり、パドルでこいで前に進んでいるだけのように見えますが、実は膝を突き出すような形で全身を使って前に滑らせ、進んでいるんです。 自分でこいで水を切り裂いていく、この早いスピードが一番の魅力です。 もちろん勝負なので負けた時は悔しいですし、勝った時はすごく嬉しいですし、それも魅力のひとつなのかな。勝ち負けにしっかりこだわっていくこと。これが自分を成長させることにつながっていると思います。 私がカヌーを始めたのは高校1年生のとき。それまで続けていた水泳部がなく、共通する“水の競技”ということで最初は気軽な気持ちでカヌーを選びました。高校の恩師で今もお世話になっている饗場先生の勧めでカナディアンに乗ることになり、カヌーを通して自分の成長が実感できるのが嬉しくて夢中になりました。 その後、立命館大学に進学し、3回生のときに日本代表に選ばれました。自分の努力が身になるスポーツだと改めて思いました。今はたねやの店舗(八日市の杜)で接客の仕事と練習が両立できる環境をつくっていただいて、カヌー競技を続けることができて感謝しています。 今後の目標は、東京オリンピックに出場し、活躍することです。それがこれまでお世話になった方々に対する何よりの恩返しだと思っています。そのためにはもちろん、他の試合も全部勝たないといけません。 あと2年しかないので、2年間しっかり精一杯やって、もっと強くなりたいです。 このように日々、自分を追い込み、張り詰めた気持ちで練習しているので、カヌー教室で純粋にカヌーを楽しむ参加者のみなさんの明るい笑顔にとても元気をいただきました。 9月29日からは、滋賀県の代表選手として福井国体に出場します。 今後もみなさんに良い報告ができるようがんばっていきますので、応援よろしくお願いします!