Loading...
  1. トップ
  2. 人々が継ぐ、八幡まつり!

ラ コリーナ日誌

人々が継ぐ、八幡まつり!

Text : 江川伸介(たねや 日牟禮ヴィレッジ)

  • #地域
桜咲く季節になると、お祭り気分になります。 松明まつり、太鼓まつり、すでら渡り。 日牟禮八幡宮で行われる勇壮なお祭り「八幡まつり」は、この三つのお祭りの総称です。 僕は今年もこの地祭りに地元の一員として参加しました。一年ぶりに色々な方と太鼓を担ぎながら掛け声をだし、お酒を飲み、笑いながら楽しむことで、次のお祭りまでの一年間を頑張ろうという気持ちになります。なかなか会うことのできない人と一緒に話をしたりお酒を飲むことで多くのことを学び、新たな発見ができます。 01 2014-04-14 02_2014-04-15 実はこれまで、あまりお祭りの内容を理解して参加してはいませんでした。 大学3年生までは野球に明け暮れる日々。やっと参加出来たのは大学4年生のときです。知り合いから誘われ参加したのが始まりでした。それまでは町内の人たちの顔もほとんどわからず、交流の場もありませんでしたが、お祭りでいろんな人たちと知り合う機会が増えました。 世代を越えた人たちと一緒に太鼓を担ぎ、掛け声を出してみんなでワイワイ楽しんでいくうちにお祭りの楽しさや地元の良さを知る。伝統ある八幡まつりは五穀豊作を祈る祭りで、今まで1400年近く行われていますが、それ以上に人と人との交流の場であると僕は感じています。 今年も参加して大いに盛り上がり楽しむことができました。 年々参加する方が減ってきていますが、地元にこんな伝統あるお祭りがあることを誇りに思います。琵琶湖のヨシや菜種がらで大きな松明をつくり、燃やす。代々伝わる大きな太鼓を担ぎ、打ち鳴らしながら境内を歩く。こんなにダイナミックなお祭りのある近江八幡の底力はすごいと思います。まつりの楽しさを伝えながら、町内でも積極的に呼びかけていきたいと思うとともに、近江八幡がこれから益々活気ある町になるようにと思っています。 そして僕自身、今まで作り上げてきた昔ながらのお祭りが、この先もずっと続いていくように願いながら参加していこうと思います。 03_2014-04-15 たねやグループがこの秋オープンするラ コリーナ近江八幡も、この八幡まつりの地域です。お祭りのように楽しく活気があり、世代を越えた、人と人との交流の場になることを楽しみにしています。