暮らしとお菓子

4月

8日

花まつり -はなまつり-

四月八日はお釈迦様の誕生をお祝いする花まつり。お寺の山内に春の花々で屋根を飾った花御堂(はなみどう)をつくり、人々はそのなかにまつられた小さなお釈迦様の像へ甘茶を潅(そそ)ぎます。
潅仏会とも呼ばれるこのおまつりは、お釈迦様がお生まれになったとき、天の龍が五色の甘露を潅いだ奇瑞(きずい)にちなむもの。もともとは五色水、五香水とよばれた香水を潅いだとされますが、やがてアマチャの葉を乾し煎じた「甘茶」を用いるようになりました。
この甘茶はお寺から持ち帰り、家や田にまけば蛇が寄らず、井戸にたらせば水が枯れないとも伝えられます。
のどかな春のおまつりにお届けする「五泉」は、甘茶を求肥に練りこみ、五色のそぼろをまぶしたつぶらな歳時菓子です。

4月

8日

重五の節供 -ちょうごのせっく-

五月五日の端午は、五が重なることから重五と呼ばれる初夏の節供です。
古くはこの日に蓬や菖蒲といった香りのつよい薬草を摘み、邪気を祓ったものでしたが、いつしか菖蒲の音が、武運や武勇を重んじる「尚武」につながるとして男児の祝い日となりました。
この重五にいただく粽や柏餅は、どちらも昔からの節供菓子。粽はその起こりを古代中国の詩人の伝説によるとも、円錐のかたちを蛇に見立てて虫を追い払ったとも伝えられます。対して柏餅は、重五が男児の節供として普及したころ、新芽が出るまで古い葉が落ちない柏に子孫繁栄の願いをこめてうまれたお菓子です。
さわやかに風わたる皐月のころ、たねやから重五の節供に縁のある歳時菓子をお届けいたします。

柏餅 かしわもち

販売期間:4月中旬〜 5月5日

粽 ちまき

販売期間:5月1日〜5月5日

ページトップ