暮らしとお菓子

1月

1日

お正月 -おしょうがつ-

菱葩(ひしはなびら)は、そのはじまりを平安時代に持つと伝えられます。
新しい一年の始まりに猪肉や押し鮎、お餅といった固いものを噛むことで長寿を祈った「お歯固め」の儀式は『源氏物語』にも見られる朝廷の新年行事です。この「お歯固め」が時代とともに簡略化され、押し鮎に見立てた牛蒡をお餅でつつむ菱葩となりました。
平安のさまざまな行事の手引書である『江家次第(ごうけしだい)』によれば、お歯固めの餅には近江国のものを用いよとあります。千年以上も前の書物に見られる「近江」と「餅」の字は、古くからこの土地が米どころとして名を馳せていた証ともいえます。
たねやの菱葩は平安時代の昔から今も変わらず地元産の羽二重糯米を用いて作りあげた祝い菓子です。ことし一年が皆様にとって幸多き年となりますように、願いをこめてお届けいたします。

菱はなびら

販売は終了しました

1月

7日

人日の節供 -じんじつのせっく-

きびしい寒さの中にも、どこか春を含んでいるような睦月(むつき)の七日。この日は人日の節供と呼ばれ、一年のうちでもっとも早くやってくる節供でもあります。
この日に食べることで有名なのが七草餅。もともと「ななくさ」は「七種」と書き、米・粟(あわ)・黍(きび)・稗(ひえ)・小豆など七種類の穀物を使った「七種粥」が古くから作られていました。
また平安の頃より、この日には新年に芽吹いた若菜を摘みとり、汁物にしていただく風習もありました。やがてこれが七種粥と結びつき、室町の頃からは、せり・なずな・ごぎょう・はこべらといった春の七草でつくる「七草粥」をいただくようになったそうです。
芽吹く若菜の力にあやかり、縁起のよい瓢箪(ひょうたん)のかたちに無病息災の願いをこめて。健やかな一年をお過ごしください。

七草餅 ななくさもち

販売は終了しました

2月

2日

節分 -せつぶん-

季節の節目を「節分」と呼び、それまでの厄を祓(はら)うならわしは古くから行われてきました。
とくに立春前日の節分は、旧暦の大晦日にあたることから、とりわけ盛大に行われたと伝えられます。
平安時代の宮中では、大晦日に「追儺(ついな)」の儀式が行われ、鬼に扮した舎人を殿上人が追いたて、穢れを祓い新年を迎えたそうです。桃の弓に蓬(よもぎ)の矢をつがえ、鬼役へと射掛けた追儺も、いつしか「鬼は外」の掛け声とともに、煎り豆を投げる行事へ姿をかえてゆきました。
たねやの節分菓子「富久豆」は、ひとつ一つ手づくりのお多福さんのお面に、砂糖がけした香ばしい煎り豆を添えました。
白いおもてのお多福さんは、そのやさしい微笑みが福を呼ぶとして、節分の鬼と対になる縁起物。春を迎える節目の日に、幸多かれと願いをこめてお届けいたします。

富久豆 ふくまめ

販売は終了しました

厄除饅頭 たねややくよけまんじゅう

販売は終了しました

3月

3日

上巳の節供 -じょうしのせっく-

女の子の成長と幸を願うひなまつりは、長い歴史に育まれてきたゆかしい歳時です。
そのはじまりは古代中国でおこなわれていた「上巳の節供」と伝えられ、日本では三月上旬の巳の日に紙の人形に穢(けが)れをうつし、川に流して身を清めたといいます。この厄払いのおこないに、貴族の子女のままごと遊びなどが結びつき、今日のひなまつりになりました。
雛人形や雛道具、ひなまつりに飾る品々はどれも幼な子の幸を願う気持ちにあふれたもの。そのむかしは手先が器用になるようにと、雛飾りに一膳のお箸を添えたそうです。
ゆかしい歳時におもいをはせて、たねやからはちいさく愛らしいお菓子や、春の景色をうつしたお菓子をお届けいたします。

ひなの節春三色

販売は終了しました

ひなほろろろ

販売は終了しました

18日〜21日

春の彼岸 -はるのひがん-

春の春分、秋の秋分をそれぞれ中日とする七日間のお彼岸は、ご先祖様を想う歳時として私たちの暮らしに深く根づいています。
お彼岸には、お墓参りや法会をとおしてご先祖様へ日々の感謝を伝えるとともに、自分のおこないを振り返り、見直す機会でもあります。
たねやがお届けする「ぼたもち」は、お彼岸に欠かせない素朴なお菓子。近江のお米に十穀をあわせ、家々でつくられる牡丹餅のように、大きくふくよかに仕上げています。甘さを抑えた粒餡と、芳ばしいきな粉の二種類で、春のお彼岸を穏やかにお過ごしください。

牡丹餅

販売は終了しました

4月

7日・8日

花まつり -はなまつり-

四月八日はお釈迦様の誕生をお祝いする花まつり。お寺の山内に春の花々で屋根を飾った花御堂(はなみどう)をつくり、人々はそのなかにまつられた小さなお釈迦様の像へ甘茶を潅(そそ)ぎます。
潅仏会とも呼ばれるこのおまつりは、お釈迦様がお生まれになったとき、天の龍が五色の甘露を潅いだ奇瑞(きずい)にちなむもの。もともとは五色水、五香水とよばれた香水を潅いだとされますが、やがてアマチャの葉を乾し煎じた「甘茶」を用いるようになりました。
この甘茶はお寺から持ち帰り、家や田にまけば蛇が寄らず、井戸にたらせば水が枯れないとも伝えられます。
のどかな春のおまつりにお届けする「五泉」は、甘茶を求肥に練りこみ、五色のそぼろをまぶしたつぶらな歳時菓子です。

五泉

販売は終了しました

4月

8日

重五の節供 -ちょうごのせっく-

五月五日の端午は、五が重なることから重五と呼ばれる初夏の節供です。
古くはこの日に蓬や菖蒲といった香りのつよい薬草を摘み、邪気を祓ったものでしたが、いつしか菖蒲の音が、武運や武勇を重んじる「尚武」につながるとして男児の祝い日となりました。
この重五にいただく粽や柏餅は、どちらも昔からの節供菓子。粽はその起こりを古代中国の詩人の伝説によるとも、円錐のかたちを蛇に見立てて虫を追い払ったとも伝えられます。対して柏餅は、重五が男児の節供として普及したころ、新芽が出るまで古い葉が落ちない柏に子孫繁栄の願いをこめてうまれたお菓子です。
さわやかに風わたる皐月のころ、たねやから重五の節供に縁のある歳時菓子をお届けいたします。

d

柏餅 かしわもち

販売は終了しました

粽 ちまき

販売は終了しました

9
                            日

母の日 -ははのひ-

赤いカーネーションが印象的な母の日は、はるかな海を超えた先、アメリカではじまったと伝えられます。
1900年初頭、アメリカ東部のある町で一人の女性がおこなった礼拝は、亡き母をたたえるためのもの。その礼拝では母が好きだったカーネーションが捧げられ、おとずれた人々にも配られたそうです。
この出来事がやがて「母に感謝する日」として各地に広まり、1914年にはアメリカ大統領によって正式に五月の第二日曜日が「母の日」と定められました。
日本には大正時代に伝わり、今ではすっかりおなじみとなった母の日。
母への感謝の気持ちを込めた餅菓子に、赤いカーネーションを添えてご用意いたします。

ひとへに

販売は終了しました

6月

1日

賜氷節-しひょうせつ-

『枕草子』や『源氏物語』に見られるように、平安時代にはすでに氷をつかい涼を得ていました。
当事宮中で用いられた氷は、周辺の山にもうけた氷室からの献上品。冬に切りだし、氷室で夏まで保存された氷はたいそう貴重なものでした。普段は天皇や貴族だけが楽しめた氷も、六月一日の賜氷節には、「この日に氷を食べれば夏痩せしない」との言い伝えから、群臣にも氷がふるまわれたと言います。
夏を健やかに過ごしたいとの願いは市井の人々も同じ。
宮中とは違い氷を手にすることもできない民間でも、六月一日に氷を模したお菓子をつくり、無病を願っていただくようになりました。
氷が貴重だった頃にうまれた氷のお菓子。「氷室」は三角の羊羹を氷に見立て、白みそ風味に仕立てた道明寺を外郎生地で包んだ歳時菓子です。

たねや 氷室 たねや ひむろ

販売は終了しました

16日

嘉祥

今はむかし、豊後(ぶんご)の国から都へ一匹の白亀が献上されました。それを吉兆のしるしだとして、元号を「嘉祥」と改めたのが六月十六日のこと。この改号を祝い、お菓子やお餅を神前に供えたことが嘉祥のはじまりとされています。以来、この日には厄除けと招福を願ってお菓子を食べるようになり、「和菓子の日」とも呼ばれるようになりました。
「吉兆嘉祥」は嘉祥の起こりにちなみ、こし餡を包み染飯(そめいい)を飾ったお団子を、亀甲に見立てた歳時菓です。

吉兆嘉祥 きっちょうかじょう

販売は終了しました

30日

夏越大祓 -なごしのおおはらえ-

六月の晦日(みそか)におこなわれる大祓(おおはらえ)は、身についた穢れを祓い清める節目の神事。正月から半年を無事に過ごせた感謝とともに、これから迎える夏を健やかに過ごせるようにと願う日でもありました。
この日、各地の神社にすえられる茅(ちがや)でつくられた大きな輪は、蘇民将来(そみんしょうらい)の厄除け伝説にあやかったもの。スサノオノミコトの助言を受け、茅の輪を身につけていたことで厄病を逃れたことから、厄払いの意味をこめ茅の輪くぐりがおこなわれます。
夏の大祓にいただくお菓子は、氷に見立てた外郎生地に厄除けの小豆をのせた「水無月」。目にも涼しい歳時菓で、無病息災を祈ります。

水無月 みなづき

販売は終了しました

7月

7日

七夕 -たなばた-

天の川のほとりでひときわ輝く織女(しゅくじょ)と牽牛(けんぎゅう)の二つ星。 年に一度、七月七日の夜にだけ二人がめぐりあえるという伝承は、はるかむかし中国から伝えられ、多くの人に親しまれてきたもの。七夕にはこうした物語とともに、さまざまな風習も行われてきました。竹や笹に短冊を結び、星に願いを託すのもそのひとつ。
瑞々しい青笹で包む「星あかり」は星のきらめく七夕におもいを寄せた節供菓子。口あたりもつるりと涼しい葛餅に、ふっくら炊きあげた北海道小豆と、酸味と苦味のバランスがほどよい日向夏をあわせました。ほのかな笹の香りとともにお楽しみください。

二星 ふたつぼし

販売は終了しました

17日

祇園会 -ぎおんえ-

天災や病が今よりもずっと人々に恐れられていた時代。地震や災害は神様のたたり、はやり病は非業の最期を遂げた人の御霊(ごりょう)がおこしているとされました。
特に夏は疫病がはやりやすい時期。人々は、御霊を供養する法会(ほうえ)をひらくことで病を逃れようとしました。御霊会(ごりょうえ)と呼ばれる法会は平安時代の京都ではじめられ、時代とともに疫病除けのお祭りへと姿を変えました。やがて祇園祭の名で親しまれる夏のお祭りは京都から広がり、「祇園」の名を持つお祭りとして各地に根づいています。
雲の峰も高い夏の頃。笹葉の色も青々と、香りさわやかな麩饅頭です。

ぎおんさん

販売は終了しました

30日

土用 -どよう-

暦の上で秋を迎える立秋の、前十八日間を土用といいます。季節の節目ごとにある土用の中で、夏の土用はもっとも暑さが厳しい頃。そのため、昔から暑気あたりをしないようにと、土用のうなぎやシジミなど精のつくものが食べられてきました。
土用餅もそのひとつ。お米でつくるお餅は力のみなもと、小豆の赤色は厄を除けるとされ、江戸時代より土用の食べ物として広がってゆきました。
暑さを乗りきる暮らしの知恵が活きた歳時菓です。

販売は終了しました

8月

1日

田実の節 -たのみのせち-

八朔は八月朔日(ついたち)のこと。この日は田畑の収穫を控えた時期にあたり、農村では豊作を祈る「田の実の節供」がおこなわれます。
稲に先駆け収穫した粟(あわ)や黍(きび)の初穂を神前に供えるほか、「田の実」が「頼み」に通じるとして、日々の感謝とともに近隣の家々へ穀物や団子を贈ります。
本格的な秋を前に、収穫を祈り、人と人とのつながりを確かめる八朔の歳事。農村ならではの風習にちなみ、五穀のひとつである黍を搗きいれたお餅をお届けします。

八朔福搗餅 はっさくふくつきもち

販売は終了しました

12日・13日

盂蘭盆会 -うらぼんえ-

家族や親類があつまり、彼岸からのご先祖さまをお迎えするお盆は、正しい呼び名を
「盂蘭盆会(うらぼんえ)」。その昔、お釈迦さまの弟子が彼岸で苦しむ母を、現世で功徳を積み救ったお話がもとになっています。
暑さの中にうっすら秋の気配が感じられるお盆の頃。蓮の葉をうつわに季節の果物や野菜を供え、ご先祖さまが迷わず我が家に帰れるように門口や道の辻で迎え火を焚きます。  
ご先祖さまに感謝し、これからも見守ってくださいますよう祈りをこめる盂蘭盆会。やわらかく蒸し上げた米粉のだんごに甘辛いたれをのせたお迎えだんごを、お盆の入りに供えます。

お迎えだんご おむかえだんご

販売は終了しました

9月

9日

重陽の節供 -ちょうようのせっく-

菊の花びらを浮かべた菊酒に干した菊の花を詰めた菊枕。真綿を菊の花にかぶせ、夜露と香りをうつした綿で身をぬぐう被綿(きせわた)など。かつて平安時代の宮中では九月九日の重陽の節供に、長寿を願いさまざまな行事が行われました。もともと薬草として中国から伝えられた菊は花もちがよく、不老長寿の言い伝えとあいまって長寿の象徴とされた植物。そのため重陽は別名を菊の節供。また、稲の刈り取りや収穫祭を行う時期でもあったことから栗の節供とも呼ばれました。
秋のみのりをふんだんに使った「栗子もち」は重陽の節供菓子。菊の被綿にちなんだ姿に無病息災への願いを籠めた一品です。

菊の花咲く頃にあわせ、たねやから菊花をかたどったお菓子をお届けいたします。

菊花最中

販売は終了しました

彼岸会 -ひがんえ-

秋分を中日とした七日間のお彼岸は、法会やお墓参りを通じてご先祖様への思いをあらためる大切な時期。お彼岸に家々でつくられるおはぎは素朴な歳時菓です。
おはぎは古い呼び名を萩の餅と言い、その由来は萩の咲く頃につくるからとも、餡に見え隠れする小豆の粒を萩の花に見立てたからともされています。
お餅と違い、おはぎはお米を軽く搗いてつくります。杵で搗くほど大きな音がしないため隣近所にもつくったことが気づかれにくい、そこから「搗き知らず」とも呼ばれました。
暑さ寒さも彼岸まで。吹く風も心地よい秋の彼岸に、古来より親しまれてきた歳時菓をお届けいたします。

おはぎ

販売期間:9月20日〜26日
詳細はこちら

十五夜 -じゅうごや-

旧暦八月十五日は中秋の名月。この日、農村では作物を月に供えみのりを感謝する風習が古くからありました。
秋一番のお供え物として採れたばかりの里芋を供えたことから、十五夜の別名は芋名月。お月見が終われば、お供え物の里芋は「きぬかつぎ」でいただきます。
里芋を皮ごとゆで、食べる前に皮をむくこの料理。つるりと皮をむいた里芋が白くまるい月のようにも見えることから、円満や豊作への願いも込められていました。
十五夜の歳時菓は、お月見に縁のある「きぬかつぎ」に見立てたもの。こし餡をつつんだ団子を里芋のかたちに仕上げ、かわいらしい孫芋を添えました。

きぬかつぎ

販売期間:9月21日
詳細はこちら

ページトップ

最中(もなか)

通年菓子

季節菓子

上生菓子

慶弔菓子

たねやのお菓子一覧