暮らしとお菓子

6月

1日

賜氷節-しひょうせつ-

『枕草子』や『源氏物語』に見られるように、平安時代にはすでに氷をつかい涼を得ていました。
当事宮中で用いられた氷は、周辺の山にもうけた氷室からの献上品。冬に切りだし、氷室で夏まで保存された氷はたいそう貴重なものでした。普段は天皇や貴族だけが楽しめた氷も、六月一日の賜氷節には、「この日に氷を食べれば夏痩せしない」との言い伝えから、群臣にも氷がふるまわれたと言います。
夏を健やかに過ごしたいとの願いは市井の人々も同じ。
宮中とは違い氷を手にすることもできない民間でも、六月一日に氷を模したお菓子をつくり、無病を願っていただくようになりました。
氷が貴重だった頃にうまれた氷のお菓子。「氷室」は三角の羊羹を氷に見立て、白みそ風味に仕立てた道明寺を外郎生地で包んだ歳時菓子です。

たねや 氷室 たねや ひむろ

販売期間:6月1日
販売終了いたしました。

16日

嘉祥

今はむかし、豊後(ぶんご)の国から都へ一匹の白亀が献上されました。それを吉兆のしるしだとして、元号を「嘉祥(かじょう)」と改めたのが六月十六日のこと。この改号を祝い、お菓子やお餅を神前に供えたことが嘉祥のはじまりとされています。以来、この日には厄除けと招福を願ってお菓子を食べるようになり、「和菓子の日」とも呼ばれるようになりました。
「吉兆嘉祥」は嘉祥の起こりにちなみ、こし餡を包み染飯(そめいい)を飾ったお団子を、亀甲に見立てた歳時菓です。

吉兆嘉祥 きっちょうかじょう

販売期間:6月16日
詳細はこちら

30日

夏越大祓 -なごしのおおはらえ-

六月の晦日(みそか)におこなわれる大祓(おおはらえ)は、身についた穢れを祓い清める節目の神事。正月から半年を無事に過ごせた感謝とともに、これから迎える夏を健やかに過ごせるようにと願う日でもありました。
この日、各地の神社にすえられる茅(ちがや)でつくられた大きな輪は、蘇民将来(そみんしょうらい)の厄除け伝説にあやかったもの。スサノオノミコトの助言を受け、茅の輪を身につけていたことで厄病を逃れたことから、厄払いの意味をこめ茅の輪くぐりがおこなわれます。
夏の大祓にいただくお菓子は、氷に見立てた外郎生地に厄除けの小豆をのせた「水無月」。目にも涼しい歳時菓で、無病息災を祈ります。

水無月 みなづき

販売期間:6月29日、30日
詳細はこちら

7月

7日

七夕 -たなばた-

見あげた夜空に天の川。その両岸でかがやく二つの星から牽牛織女のものがたりはうまれました。
平安時代の宮中では一夜かぎりの逢瀬に思いをはせ、梶(かじ)の葉に歌をしたため二星にささげたとも言います。梶の葉に天の川をわたる船の楫(かじ)をかけての雅な歳事は、やがて願いごとを書く短冊へと姿を変えてゆきました。
七夕の夜を飾る星のものがたり。節供にちなんだ季節のお菓子を、星をイメージした箱で詰合せました。

二星 ふたつぼし

販売期間:6月10日〜7月中旬
詳細はこちら

17日

祇園会 -ぎおんえ-

天災や病が今よりもずっと人々に恐れられていた時代。地震や災害は神様のたたり、はやり病は非業の最期を遂げた人の御霊(ごりょう)がおこしているとされました。
特に夏は疫病がはやりやすい時期。人々は、御霊を供養する法会(ほうえ)をひらくことで病を逃れようとしました。御霊会(ごりょうえ)と呼ばれる法会は平安時代の京都ではじめられ、時代とともに疫病除けのお祭りへと姿を変えました。やがて祇園祭の名で親しまれる夏のお祭りは京都から広がり、「祇園」の名を持つお祭りとして各地に根づいています。
雲の峰も高い夏の頃。笹葉の色も青々と、香りさわやかな麩饅頭です。

ぎおんさん

販売期間:7月17日
詳細はこちら

30日

土用 -どよう-

暦の上で秋を迎える立秋の、前十八日間を土用といいます。季節の節目ごとにある土用の中で、夏の土用はもっとも暑さが厳しい頃。そのため、昔から暑気あたりをしないようにと、土用のうなぎやシジミなど精のつくものが食べられてきました。
土用餅もそのひとつ。お米でつくるお餅は力のみなもと、小豆の赤色は厄を除けるとされ、江戸時代より土用の食べ物として広がってゆきました。
暑さを乗りきる暮らしの知恵が活きた歳時菓です。

販売期間:7月19日〜25日
詳細はこちら

8月

1日

田実の節 -たみのせち-

八朔は八月朔日(ついたち)のこと。この日は田畑の収穫を控えた時期にあたり、農村では豊作を祈る「田の実の節供」がおこなわれます。
稲に先駆け収穫した粟(あわ)や黍(きび)の初穂を神前に供えるほか、「田の実」が「頼み」に通じるとして、日々の感謝とともに近隣の家々へ穀物や団子を贈ります。
本格的な秋を前に、収穫を祈り、人と人とのつながりを確かめる八朔の歳事。農村ならではの歳時にちなみ、五穀のひとつである黍を搗きいれたお餅をお届けします。

八朔福搗餅 はっさくふくつきもち

販売期間:8月1日
詳細はこちら

12日・13日

盂蘭盆会 -うらぼんえ-

家族や親類があつまり、彼岸からのご先祖様をお迎えするお盆は、正しい呼び名を
「盂蘭盆会(うらぼんえ)」。その昔、お釈迦様の弟子が彼岸で苦しむ母を、現世で功徳を積み救ったお話がもとになっています。
暑さの中にうっすら秋の気配が感じられるお盆の頃。蓮の葉をうつわに季節の果物や野菜を供え、ご先祖様が迷わず我が家に帰れるように門口や道の辻で迎え火を焚きます。  
ご先祖様に感謝し、これからも見守ってくださいますよう祈りをこめる盂蘭盆会。やわらかく蒸し上げた米粉の団子に甘辛いたれをのせたお迎え団子を、お盆の入りに供えます。

お迎えだんご おむかえだんご

販売期間:8月12日、13日
詳細はこちら

ページトップ