月間アーカイブ

カレンダー

2022年7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
(仮称)バームファクトリー オープンに向けて – 法面(のりめん)-

ラ コリーナ近江八幡でみなさまに歩いていただいている園路。
今までの園路と、新たな園路。どこが違うか、お分かりでしょうか。

▼今までの園路

▼新たな園路

ラ コリーナ近江八幡では、キャンディーファームのスタッフを中心に、景観造りにも力を入れています。

前回の園路造りに続き、今回は園路と田んぼの境となる傾斜面「法面(のりめん)」のこだわりを紹介します。


「雑草がちゃんと生えるように」
これが今回の法面造りのポイントです。

ラ コリーナ近江八幡の景観造りに「いかに雑草を魅せるか」というテーマがあります。

以前の園路をよく見ると、雑草の生え方に違いがあるのが分かります。
田んぼに近いほど雑草が多く、園路に近いほど背の低い雑草が生えています。

今回新たに作る法面は、急斜面にすることで雑草の上を歩く機会を減らし、雑草がのびのび育つ工夫を施しました。


まずは草を削ぐことから。

次に、鋤簾(じょれん)を使い、土台となる傾斜をゆっくり作っていきます。

園路がまっすぐ直線ではないように、法面も緩やかなところ、急なところを作っていきます。

新たに拡張した園路部分には、バームファクトリー建設場所に以前あった、畑のいい土を使用しています。

草を植え、馴染ませていきます。

様々な種類の雑草を、多様性があるように植えていきます。
時間が経過すると違うものが生えてきたりと、変化が見られるのは雑草の特徴の一つだそうです。


「ここほら、座ってみて。」と、ランドスケープ・アーキテクトの重野さん。
ラ コリーナ近江八幡のランドスケープを担当いただいています。

急斜面が続く中、法面の一部にあえて、一段下がった雑草地を作ったのも重野さんのこだわりポイント。ここに足を踏み入れて座ることで、景色を楽しんでほしいという思いが込められています。視線が変わると、景色もグッと良くなります。

園路で立ち止まって座ってみる。豊かな自然の静かな時の流れを感じられる、新しいラ コリーナ近江八幡の楽しみ方の発見です。


園路造りは今後も続きます。
土塔周りも、回廊横の畑と田んぼのバランスを見ながら、新しくなっていきます。

毎日少しずつ変化しているラ コリーナ近江八幡。
「ラ コリーナのおへそ」も後日紹介します。


ページトップ